四年生 中学受験 問題です。 図のように、直角三角形ABCの周上に点Pがあります。

画像

中学受験 | 算数77閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

お返事いただきありがとうございました。 12mのロープが、三角形ABCの周りをまわると考えれば よかったのですね。 小問(1)が、点Pが、固定されており、そこから動く範囲を 求める問題であったので、点を固定し、点PがA、B、Cにそれぞれある場合の範囲を円で描いてみながら、 図を眺めておりました。 ありがとうございました。

お礼日時:9/15 12:04

その他の回答(1件)

0

点Pが、点A、点B、点Cにある場合それぞれを考えると罠にはまります。 それぞれ3つの点に点Pがある場合の3つの扇型の形に注目しましょう。 その3つの扇型をふっ付けるとたった1つの12mを半径にもつ円になりますよね! すると計算がとても単純化されます。

お返事いただきありがとうございました。 12mのロープが、三角形ABCの周りをまわると考えれば よかったのですね。 小問(1)が、点Pが、固定されており、そこから動く範囲を 求める問題であったので、点を固定し、点PがA、B、Cにそれぞれある場合の範囲を円で描いてみながら、 図を眺めておりました。 ありがとうございました。