伊丹市に住んでいるものです。防災の講義を受け、南海トラフ地震をかなり警戒しています。講義でもいろんなことを聞いたのですが、そこで聞けなかった質問を何点かさせてください。

地震89閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(3件)

0

伊丹に友人ががいます、絶対大丈夫や、津波も来えへんし、阪神大震災より大きな地震は来んわ!と豪語しています。そのうち天罰が下るよ、と言ってやりました。

0

国の発表は震度6弱ですが、そこまでの揺れはないと思います。 せいぜい5弱くらいです。 今の耐震構造では、震度6弱くらいでは問題ありません。 伊丹市には津波は来ません。 3の質問は、全くのデタラメ、フェークニュースです。 4に対しては、伊丹市には津波は来ませんが、床上浸水2メートルになると、一階の家具が浮き上がり、その浮力で家が流されます。 実際には浮遊物が当たって家屋が壊れるので、木造住宅での二階避難は絶対に避けることですね。 伊丹市は川沿いの低地では、猪名川や武庫川の洪水で浸水するところが多く有るので、津波よりも洪水による浸水の方が深刻だと思います。 浸水対応した方が良いですね。 浸水で床上2メートルになる所なら、早めの避難が肝要かと思いますね。

0

どの程度の規模の地震になるか、誰にもわかりません。 震源がどこになるか、マグニチュードがいくつになるか、誰にもわからないからです。 だから、これまでの科学的研究に基づき、最悪の事態を想定した複数のシナリオを考えます。 したがって、シナリオによって、地域によって、震度は変わります。 6強の場合も、6弱の場合も、7の場合もありえます。可能性は低いですが、シナリオの想定を超えることもあります。 やってくる津波の高さも、シナリオによって異なります。 ただし、兵庫県の場合、南海トラフの津波は、最悪の場合でも、沿岸部のごく一部の地域に数メートルの波がやってくるだけです。 伊丹市は、沿岸から5キロも離れ、標高20メートル以上のところにある街です。 津波の心配はありません。 地震予知は、不可能です。この日に来るなんて予言は、全部、嘘っぱちです。 でも、ありとあらゆる人が、毎日、この日に来る、と言い続けています。当然、いつかかならず当たります。そういうレベルです。 南海トラフは、太平洋を震源とします。 したがって、太平洋に近いところ、太平洋に面しているところが危険になります。 でも、日本は、どこでも地震が起きます。 地震の規模が比較的小さくても、津波がこなくても、自分の家のすぐ近くが震源になれば、甚大な被害を与えます。 阪神淡路大震災を思い出してくだい。

回答ありがとうございます。私は実は阪神淡路大震災の翌年に生まれ、あまり自身の知識がありませんでしたいろいろ参考になりました。ありがとうございました