行政書士の仕事の取り方について 行政書士のかたに質問です。 わたしの身内が行政書士事務所を開設したのですが、3年間やっていてあまり仕事がこないみたいです。

ベストアンサー

0

確かにおっしゃる通り皆さん司法書士事務所に相談されているみたいです。 なので、許認可業務をしながら司法書士の勉強もしていくそうです! 貴重なご意見ありがとうございました!

その他の回答(3件)

0

知り合いに資格者がいます。お住まいの地域にもよるかと思いますが、私の地域では、相続遺言は飽和状態です。司法書士さん、税理士さん、もちろん弁護士さん、他にもファイナンシャルプランナーさんとか、終活なんとか等の民間資格の方々もたくさんやっておられます。その中に、業務に制限のある行政書士さんが入っていく余地は小さいと思います。 やる気があれば、自分から地域での講演会、勉強会を開くなどして、積極的にアプローチしていった方がいいでしょうね。何でもそうですが、待っているだけでは仕事は来ません。そういうのがお好きでなければ、許認可をやった方が収入にはなるのかもしれません。

0

私は、20年くらい前に活発に異業種交流会に参加していました。 その中には弁護士、公認会計士、税理士、1級建築士など士業の人がたくさんいました。医師、教師も居ましたが、士(師)業違いですね。 行政書士も2名いましたが、いずれも本業は社労士だったそうです。 残念ながら行政書士では食えないので、社労士と行政書士の併用でやっていたそうです。 色々な人の集まりだったので、露骨な営業はやってなくても気に入られれば 仕事を個別に振ってもらう機会があったようです。会が相互扶助のノリだったのもよかったです。(残念ながら今はもうありませんが) 多くの人に認知してもらって人柄で仕事をもらえていた感じです。 自民党系の県議、市議、町議などの後援会に出入りして色々な人のコネをもつのも良いと思います。 ちなみに法務省の公務員あがりの父親は、行政書士資格を持っていましたが 一度も登録することなく80代になりました。 現役時代に関連する特殊な申請関係の仕事ができるので、開業すればほぼ100%儲かるらしかったのですがOBの殆どの人がやりません。 何故か? 人に簡単に頭を下げられない、商売スマイルができない。 みなさん融通効かないし、致命的に無愛想なんです。笑 2名の書士さんが人柄で仕事をもらえてたのも納得です。

やはり、人脈も大事なんですね! 司法書士の勉強もはじめたようです! 長文でのアドバイスありがとうございます。 参考にさせていただきます!

1

親戚に行政書士がいますが、見た感じコネが9割っぽいですのでポスティングは意味ないんじゃないですかね それに今は60代であってもバリバリネット検索です、ポスティングなんかやってる事務所に頼ることが想像できません コネ以外の方法としてはごく普通にWEBサイトを充実させていくのが近道じゃないですかね、相続に特化するのは妥当だと思います

1人がナイス!しています