右利きの人のリールについて

釣り1,712閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

みなさん色々な意見ありがとうございます。ベストアンサーまよいました。turさんの個人の自由で大丈夫の発言で安心しました。 ベイトは今まで通り右巻きで、スピニングは左巻きにして様子見ます。 ありがとうございました

お礼日時:9/18 20:00

その他の回答(18件)

0

■自分がやり易い方でやるのが正解 ■利き手で主となる方を扱うのが合理的だと思います。 例えば、私は右利きですが、磯でグレ釣りする時は 左巻き、堤防では、右巻き、船釣りは、カワハギと 浅場の根魚を除くと右巻きです。 ■両方やってみて、やり易い方にして行けば良いと 思いますよ。

0

右利きでスピニングもベイトも右巻きです。何の問題もありませんよ。人の意見に振り回されてもしょうがないじゃないですか。自分がやりやすい方で良いと思います。

0

参考までに。 私は右利き。 ソルトゲームを始める迄は、スピニングもベイトも右投げ右巻きでした。 で、ソルトを切っ掛けにスピニングだけ左巻きに変更(矯正)しました。 でも、ベイトは相変わらず右巻きです。 スピニングは例外有れどハンドルを左右入替えるだけで済むけど、ベイトは左右入替ができないので、何かを境に全てを一新するしか方法はないですから、コストが掛かる。仮に買い換えの際に左巻きにしたとして、自分に合わなかった場合にどうしようもない。 ベイトはその点だけが難関。 右投げ左巻き(左投げ右巻きも)のメリットはキャスト後にロッドを持ち変えずに即アクションを起こせる点。投入即アクションが必要なケースには有効だけど、そうで無ければ好みでOK。 ソルトの場合、ターゲットによっては利き腕でロッドを持つ方がパワー負けをしない等の理由もあるし、ナブラ打ちだと全速力で進行する船のデッキからニュートラルになった瞬間にキャストするケースがあるので、そういう場合は不安定な足場と揺れる船上でタックルの持ち変えには何かしらミスのリスクが高くなる。 でも好み。 考え方の一つとしては「のべ竿を持って釣る」時に自身が左右どちらの手で扱うかだと思います。普通の人は利き腕でしょう。リールは糸巻き機なんで、利き腕で竿を持ってたら、逆の手で巻くのが道理。 そういう考え方もあります。

0

う~ん、決まりは無いのでお好きな(慣れた)方でいいのでは? 自分は、ルアー系のスピニングは左、ベイトリールは右、投釣りのスピニングは右ですね。 理由は、子供の頃の何でもチョイ投げ釣りが右ハンドルだったことと、BASSでタックルが増えたときに、ロッド操作をどちらかの手に決めてしまうと、手首が疲れる・・・というのが理由です。 ベイトは無理ですが、スピニングはハンドル左右の付替えができるので、ご自身で試してみてはいかがでしょう?

0

こういう世界で一般的と言う考え方はないと思います(個人の自由)。しかしある程度の合理性を考えた場合、同じ手で竿を持ちリールを巻くのは持ち替える手間があるので非合理的です。最後のタモ入れも同じ理屈。 次に竿を持つ手とリールを巻く手が別々で、どちらが利き腕なのか、非利き腕なのかは人により感性も考え方も違ってくると思います。昔のベイトリールは右巻きしかなかったですが、最近は左巻きも出てきました。 私は右利きで当初は右で竿を持ち、巻く時は持ち替えていました(右巻きしかなかったので)。昨今では利き腕で竿を持つことは力があると言うことと、繊細な感受性が利き腕の方が勝りますので、現在では以前の右巻きは辞めて、左巻きに替えて行ってます(左巻きを買い直している)。私は持ち帰る手間がない分買い換えて良かったと思っています。非利き腕での巻き方も最初はぎこちないですが慣れれば問題なしです。今では両方で巻けます。