ID非公開

2021/9/16 2:00

66回答

なぜ日本のFX会社のレバレッジは海外のFX業者と比べて低いのですか? 現在の日本では、最高のレバレッジは25倍です。 一方、 海外のFX会社では、500倍、1000倍が普通です。

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

金融庁のこの対応は間違ってるよ。 金融庁の本音は 日本の投資家が億単位のお金を稼ぐことに ひどく嫉妬してるんだよ。 それで、レバレッジを引き下げたんだよ。 でも、これじゃー ますます、海外のFX会社に 日本の投資家が集まっていくよ。 今じゃ、 ユーチューブで稼いでる ヒカキン、はじめしゃちょう、 メンタリストのDAIGOに勝てない。 金融庁は レバレッジを昔の頃に戻すべきである!

お礼日時:9/26 14:57

その他の回答(5件)

0

ID非公開

2021/9/21 13:04

こんなサイトを見つけた。 もし 海外のFX会社を考えるなら このサイトを読んだほうがいい。 ↓ 海外FXお役立ちガイドとは? 海外FX会社で取引したいけれども、「信用できるの?」「情報収集が難しい」「海外FX会社とのコミュニケーションが不安」といった心配事のため、なかなか海外FXを始められない方が多いようです。 海外FXお役立ちガイドは13年以上継続して海外FX会社の紹介と海外FX取引に関するサポートに携わってきた、信頼と実績のある海外FXウェブサイトです。 FX取引に関する豊富な経験・知識と海外FXの最新情報に精通している優秀なスタッフがあなたをサポートします。 当サイトに掲載されている海外FX会社は、弊社スタッフが実際に口座開設をして入出金と取引を検証を通して厳選されています。 自信を持って問題なく紹介できると太鼓判を押します。 これらの海外FX会社については、口座開設サポートならびに口座開設後のアフターサポートを無料で提供しております。 海外FXお役立ちガイドを利用して、海外FXで成功する最短ルートを進みましょう。 海外FXお役立ちガイドおすすめの3社 海外FXお役立ちガイドでは、星の数ほどもある海外FX会社を「口座開設のスムーズさ」「入出金の安全性とスピード」「取引環境」「スプレッド」「サポート体制」など多岐に亘る観点から評価・厳選し、優良海外FX会社のみを掲載しています。 その中でも、ここでご紹介する3社は特におすすめな海外FX会社です。 これから海外FXを始める方も、今まで使用していたFX会社からの乗り換えをお考えの方も、口座開設して大満足間違いなしでしょう。 ■XM XM(エックスエム) 日本人トレーダーからの人気No.1! 文句なし、現在日本人向けサービスを提供している海外FX会社の中で最も人気を集めているのが XM です。 888倍の最大レバレッジ、NDD方式の注文執行、と取引環境もすこぶる良いです。サポートレベルの高さは競合他社を凌駕しています。 業界最大の日本人サポートデスク、日本語の動画マニュアル、日本語ウェブセミナー、日本語マーケットニュースなど、非常に細やかなサービスとなっています。初心者にも優しいFXブローカーです。 100%ボーナスや取引する度にもらえるポイントプログラムなど、豊富なプロモーションも人気です。超低スプレッドの XM Zero口座など、上級トレーダー向け口座も整備されており、全方位でパーフェクトと言わざるを得ません。 ■ BigBoss(ビッグボス) 今すぐトレードしたい人にピッタリのクイック口座開設あり! BigBossは高速約定と低スプレッドの取引環境を提供することを第一に運営されている海外FX業者です。EAやシステムトレードとの相性は比較的高く、法人トレーダー、専業トレーダー、MAM/PMAM運用者が多く利用しているのが特徴です。 サーバー増強、入出金サービス見直し、スプレッド縮小などハイペースでサービス改善をしている、今最も勢いのある海外FX会社の1つと言えます。 他社に先駆けて書類提出無しの「クイック口座開設」を導入しており、即時入金反映のカード入金と併せれば10分以内にトレードを始めることができます! さらに、国内銀行送金での入金だけではなく、出金も国内銀行送金でできることも忘れてはいけません。 今FX業界でも注目されているビットコイン入金も利用可能ですし、「口座開設完了からすぐにトレードしたい!」という方におすすめの海外FX会社です。 ■Tradeview(トレードビュー) 低スプレッド、ECN環境、顧客補償と3本揃った優秀ブローカー! 知られざる優良FX会社の登場です。2004年創業のTradeviewは2015年に日本人向けサービス体制を整えるまでは、海外トレーダー、主に欧米に注力してFXサービスを展開していました。 満を持しての日本人ビジネス参入です! Tradeviewは「その予算を取引条件の向上に積極的に振り分ける」という姿勢で業務を行っています。 Bank of America Meriill Lynchなどグローバル銀行50社からプライス提供・カバー取引をしており、スプレッドの狭さと約定力の強さには目を見張るものがあります。 MT4スタンダード口座、MT4 ILC口座、cTrader口座、Viking口座という4種類の口座を提供しており、初心者から中・上級トレーダーまで幅広く満足の出来る環境であるでしょう。 「超一流の環境でトレードしたい!」という方は是非Tradeviewをお使いください https://www.kaigaifx.com

0

それはたった一言「中華民族対策」。 マイナンバー制度も最大理由は同一。 これ以上言うとモノスゲー「反論・反対者」が噴火するのでここまで。

0

顧客保護と言いつつ、実は株に国民の資金を向かわせたいのです。為替に投資資金が向かっても日本景気に影響ありません。しかし、株価が上がれば景気良くなりますから、政府は今後もレバレッジを低くする予定の様です。 しかし、海外FXはヤクザの生業です。危険なので手を出さないようにしましょう。 「みんなで大家さん」等と一緒です。 ↓金融庁も注意喚起しています。 https://www.fsa.go.jp/ordinary/kanyu/20090731.html ↓警告を行った会社です。 http://kantou.mof.go.jp/kinyuu/kinshotorihou/unregistered-2.htm ↓証券取引等監視委員会は、裁判所に業務の差し止めを申し立てました。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210917/k10013265281000.html ↓FX会社も注意喚起しています。 https://fx.dmm.com/support/notice/

2

FX10年以上やってます。 回答しますと >日本の金融庁は何を考えてるのでしょう? 顧客の保護が目的です。 以前はレバレッジ規制が無い頃に下手くそな初心者トレーダーが 50倍や100倍以上のハイレバトレードでボコスカ損を出し過ぎて 目も当てられない状況が続いたので金融庁がレバレッジの規制を 導入したのです。 過去の下手くそトレーダーのせいで今こうなりました。 日本人は過去の歴史を見ても投資が下手な人が多いのです。 根本的な原因は、金融教育が幼いころからされてこなかった というのが原因です。 大人の金融リテラシーも先進国の中でも低く無茶な投資を する人が多い。そして未だに超古典的な投資詐欺にさえ 簡単にひっかかります。 昨今のSNSを通じたFXの自動売買ソフトや国際ロマンス 詐欺の横行も金融リテラシーが乏しい学生や主婦や会社員が 多いので簡単に引っ掛かってます。 あまりにも状況がヒドイので、金融庁も呆れて 高校教育の家庭科に「お金の勉強」を 来年2022年から導入します。 正直に言いますが、レバレッジ25倍でも十分稼げます。 ハイレバじゃないから稼げないとかタダの言い訳だと思います。 資金が少ないならロット数が少なくしか持てないなら 獲得pipを増やせばいいだけの話です。 海外のハイレバ使わないと儲けられないという人は 資金力の低い短期取引メインのスキャルパーぐらいでしょう。 今後もレバ規制もあるかもしれませんし 現状、初心者が良く知らずに海外口座に流れてますから いずれ海外FX口座も規制が入るかもしれません。 AIも導入されるでしょうし色々業界事情も変わってくると思います。 でも何も心配していません。 今、稼いでる人は、今後も環境に柔軟に対応して 稼ぎ続けると思います。レバ規制の前と後でもそんなに 大きく状況は変わっていないので今後もそうでしょう。 ご参考までに。

2人がナイス!しています

0

昔は日本でも高かった時代があったのだが、損をする人が多かったため現在の25倍になった。 一時期、これでも高いという見方があり、10倍にしようという検討までされたことがあったが、これは見送りになった。 一般投資家を投機から守るという考え方から、レバレッジを25倍以下にしたのだろう。 併せて証拠金の信託保全を義務化もしている。 また、現在でも金融庁はFX業者の監査を頻繁にしている。 そのため、対業者トラブルは日本ではほぼ無い。 もう一つ、日本では急激な変動により証拠金がマイナスになったときは追証が求められるのに対し、海外業者はゼロカットを採用している場合があり追証を求められないため、レバレッジを掛けやすいためもある。 日本はFXを経済活動の一種、海外は投機と考えているからかもしれない。