相対音感の方は、例えば滑らかに調号がにゅるりと変わっていくような曲 (あったはずですが、今曲の例が思いつきません、すみません!!) は、どうやって聴音や採譜をされているのでしょうか?

ベストアンサー

0

その他の回答(5件)

1

>滑らかに調号がにゅるりと変わっていくような曲 こういう曲ですかね。こないだデタラメ博士さんにも教えましたがw https://youtu.be/O9dvHoK2EL4?t=81 調号使いません。たぶん「調がにゅるりと変わっていく」と書きます。

1人がナイス!しています

0

普通に聴くだけでしょう。 一発で当たりを引けなくても、複数回試行できる条件なら、楽器で音出ししながら比較(まさしく相対音感)すれば良いのだし。 調は、当たりを引くのに役に立つけど必須の条件じゃないですよ?単に当たりやすくなるだけです。 なんかの試験みたいに、最初に一発基準音を鳴らして、一発で聴き取り、譜に書けとかいうなら、それはもう相対音感とか絶対音感とかそういう話しじゃなくて、ほぼ単に「音の記憶力」と「記憶法」の問題であって、前者はもう才能と頑張りしかなかろうと。 記憶法の方は、調性による補完は有効で、この場合は無調っぽいものとかぶつけられると憶えるのが困難になるとは思いますが。

2

にゅるりと調性感覚を変えるだけですよ。 自然に出来るのが、当たり前です。 相対音感があるから、臨時記号に気が付くのです。 そして、それがスケールのどの音の上下が分かるのです。 一般的には、楽器で再現するだけですよ。 そんな小難しい話ではありません。

2人がナイス!しています

0

その都度、音階(スケール)の響きで覚え、それに対応する鍵盤を探しますです。慣れると大概一度でヒットするようになります。 スケール名などは把握しておりません。 >滑らかに調号がにゅるりと変わっていくような曲 こゆやつでしょうか? ↓ https://m.youtube.com/watch?v=Dntq_SIomIE&t=8m45s

0

転調しても、それまでのキーから転調後の♯、♭は認識できますよ、 それまでCだったのが、Dに変わっても、Dでドレミとは感じず、レミファ♯と聴こえますから。