ID非公開

2021/9/16 21:32

22回答

過失割合や保証について

交通事故 | 交通、運転マナー68閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

ベストアンサー

0

ちなみに9:1と言われて、相手の方認めてますよね、払うと言いましたよ。と反論しても、9:1でも譲歩した方ですから裁判したら8:2ですよ。あまり強く訴えると8:2に戻りますよ。判例ではそうですから。とピシャリでした。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

お二方、回答ありがとうございました。 悩みましたが、実体験のある方にさせて頂きました。 現状は8:0か9:0で話が通ってるようでした。 ホイールはやはり良い状態のモノが見つからないので、リペアが出来るショップを探そうと思います。 この度はありがとうございました。

お礼日時:9/27 9:18

その他の回答(1件)

0

残念ながら相手が非を認めていたとしても過失割合が0:10になることはないでしょう。先方の進路変更が事故の主な原因とおもわれる事故なので相手側の過失割合が大きくはなるでしょうが、あなたにも須賀中らずの過失はあると判断できます。一般的に相手の進路変更に伴う接触事故の基本過失割合は3:7となっておりここから細かな状況において修正されるのが一般的です。 次に損害賠償についてですが、これも残念ながらあなたが期待できるほどの結果にはならないでしょう。保険会社からすでに時価総額でという話が出ているようですが、民事賠償責任の上限はあくまでも時価総額までです。時価総額とは購入時の金額ではなく今現在の価値のことであり、今現在の価値を証明する責任は被害者にあります。中古市場に出回っていないかも・・・とのことですが、なんとかそれを見つけて具体的な金額を示さなければ保険会社は一般的な減価償却された金額を提示してくるでしょう。その金額だとおそらくあなたは到底納得できないものと思われますが、それを吊り上げるための具体的根拠のある金額を提示し交渉を薦めなくてはなりません。その具体的根拠を示すのは損害賠償請求者であるあなたにあります。