釣り竿について。「シーバス用ロッド」「ショアキャスティング用ロッド」「ロックフィッシュ用ロッド」この3種のロッド何がどう違うんですか?

釣り149閲覧

ベストアンサー

3

3人がナイス!しています

その他の回答(4件)

0

全く同じ長さでもテーパーの具合・グリップの太さ・重さ・リールシートの位置などが微妙に違います。

この返信は削除されました

2

オカッパリのみで言うと シーバスロッド 短いと8ft~長いと10ft、磯平だと15ftなどある シーバスは、多種多様なフィールドに生息するので、短いものから長いものまでロッドの種類も多い MとかMHなどで10ftくらいのロッドなら青物も狙える ML~M程度で7~8ft程度ならロックフィッシュも狙いやすい ロックフィッシュは基本根魚なので遠投を目的としない、ただそこそこ大物であったり(50cm前後)根に潜られるのを防ぐ為、ロッドもしっかりしている。 ロッドが8ftくらいまでしかないので、青物には不向き 港湾、小規模河川のシーバスなら兼用も可 ショアジギは青物狙いなので、遠投メインで10ft前後が多いのと青物の強い引きに耐えられるように設計してある。 シーバスで使うと竿が強すぎて面白味に掛けるので、竿の硬さで言うとライトショアくらいでちょうど。ただ、飛距離を求めない港湾、小規模河川には不向き。 正しく言えば、〇〇用ではなく、〇〇を狙うのに最も適したロッドと言うだけであって、兼用で使ってはいけないなどない。 自分は何をメインで狙って、それに近いシチュエーションであれば兼用して使うのは普通にやること。ただ、それに向けて作られたものを使ったほうが、より釣りやすいってだけ。 なのでメインターゲットには少々金をかけて、遊びでやる程度の釣りは安物で揃える方がより楽しめる。 俺もシーバスタックルでエギングやってたけど、竿のしなりがやっぱり違うから安いエギングロッドを買った。 要は自分がどこまで楽しむか?ってこと。

2人がナイス!しています

0

は?と思われるかもしれませんがシーバスロッドはシーバスが釣りやすく、ショアキャスティングロッドはシーバス、青物を中心にある程度色々使える、ロックフィッシュロッドはロックフィッシュが釣りやすいロッドです。 なかなかこの違いを文章にするのは難しいです。テーパーデザインからガイドセッティング、グリップの長さ、etcと色々な所が影響して対象魚が釣りやすいのが○○ロッドというやつです。

0

ショアキャスティングロッドってシーバスもロックフィッシュも陸から投げるのはショアキャスティングなんで違いは無いです。 シーバスとロックフィッシュだとガイド径とバットの太さが違ったりしますが、ほぼ同じようなテイストの物が多いと思います。