種類問わず、会計システムでは 仕訳は未来日付での登録はできないものでしょうか?

ベストアンサー

0

その他の回答(2件)

0

できます。 事実を正しく入力することが目的であり、修正もできます。 例:作業をした記録や勤怠管理など事実を変更できないデータは存在しますが、仕訳入力?は間違いがあればいつでも訂正可能です。 補足 ※入力した時間、担当者の記録など管理データ、監視データなどは変更が不可能。閲覧権限も制限されます。 あとがき、 期日を1枚ごと?違う数字を選択しなけばならない手間を削減するために、、、同じ日をまとめて処理することが多いでしょう。 小さな会社なら、給与労務担当者、仕入れ請求業務担当者と複数の人員がいたり、一人作業なら月曜日は現金の管理し火曜日に請求事務をしたりすることができます。 カレンダーを表示して、クリックして、確認しなければならない、 ミスがよく起きるので、神経を使い疲労する、時間もかかる面倒な作業です。

0

ID非公開

2021/9/17 7:40(編集あり)

できます。 例えば、期末の整理仕訳と翌期首の日付の 整理仕訳の反対仕訳を同時に登録する場合など。