一眼レフの交換レンズの焦点距離について質問です。 APS-Cの一眼レフカメラにAPS-C専用の交換レンズを付けた場合、 例えばそのレンズの焦点距離ワイド側が13mmーになってた場合、

デジタル一眼レフ90閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

理解できました。ありがとうございます。 そう考えるとiPhoneの超広角レンズ、センサーサイズこそ小さいですが、それなりに高画質で撮れて、一眼のレンズではなかなか得られにくいと思うので結構すごい機能なんですね。

お礼日時:9/18 17:19

その他の回答(7件)

0

実質的な焦点距離は13mmのままで、得られる画角がフルサイズに19.5mmのレンズを装着したのと同じって事です。 換算焦点距離は、iPhoneの換算13mmと、APS-Cに換算19.5mmでどちらが画角が広いか、一目で分かるところがメリットです。実質的な焦点距離の大小で比較すると、質問のようにどちらが広角か分かりませんよね。様々なセンサーサイズが出回っているからこそ、相互に比較するときに便利なため、大抵換算焦点距離が表示されていたりするんですよ。

0

実質的な焦点距離はやはり1.5倍の19.5mmになるのでしょうか・・・ その通りです 画角と言う事で言うなら センサーが大きい方が有利です スマホなども・・・ センサーは小さいけど 超広角レンズになっている・・・ その代償?として望遠には全く対応できない スマホ(Aiphone)のレンズは望遠と言っても60㎜相当です 普通のカメラで60㎜はほとんど「標準域」と言っていいレベル 昔の一眼レフの単焦点レンズでは458㎜F1.2wo [標準レンズとした機種もありました 16㎜相当の画角でAPS-Cの一眼レフで動画を・・ Canon製で EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM ・・40,140円(税込) EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM・・80,970円(税込) がありますが 35㎜換算で16~28.8(35.2)㎜ですが・・かなり使いにくい 「歪曲」が出る可能性がります レンズがあることは有りますが・・

0

現在、センサーの大きさの大小に関係なく、 カメラの写る範囲の尺度は、画角と言う角度の表記単位のみになります。 という事は、違うセンサーサイズのカメラで、写る範囲を揃えたい場合は 仕様を確認して画角を比較するほかないですね。 多くの方が言われていると思いますが、焦点距離はセンサーの 大小の差に左右されない絶対寸法となる為、最も普及していた フルサイズカメラ映り込む範囲とその時の焦点を基準に 13m相当、あるいはフルサイズ換算で13mmなどと言われていますね。

0

<<iPhoneの超広角レンズが焦点距離13mmと言われてますが、 iPhoneの超広角レンズの焦点距離は、2mmです。 13mmは、画角であって35mm換算の焦点距離です。 <<例えばそのレンズの焦点距離ワイド側が13mmーになってた場合、 実質的な焦点距離はやはり1.5倍の19.5mmになるのでしょうか? 焦点距離は、レンズ固有のものですから、変わることはありません。 13mmは、13mmのままです。 iPhoneの超広角レンズと同じくらいの画角でAPS-Cの一眼レフで動画を撮りたいと考えているのですが… 焦点距離8mmぐらいのレンズがいりますね。

0

iPhoneのレンズは広角で焦点距離4.2mmくらいです。超広角は2.1mmくらい。 『実質的な焦点距離』じゃなくて、焦点距離に対する画角がセンサーサイズで変化するから、どのくらいの画角かわかりにくいので、昔あった35mmフィルムカメラの画角を基準にしよう…という『35mmフィルム換算』を画角比べではよくつかいます。 というのが、iPhone13の超広角の13mmだったり広角の26mmだったりします。 とうぜん換算したもの同士でひかくするのですから、APS-Cに13mmのレンズをつけると換算19.5mmなので、iPhone13の広角よりはひろくうつるけど、超広角よりは広くならないというのであってます。 実際の焦点距離と35mmフィルム換算の焦点距離…どちらで会話してるのかを把握するようにするのが大切。 べつに35mmフィルム換算は『実質的な焦点距離』ではなく、目安として参考にしやすいだけです。実際の焦点距離はあっても実質的な焦点距離というのはないですし、35mmフィルム換算も『画角』だけの話で、その他諸々焦点距離に由来することはあてはまりません。