ゴルフ練習場でよくマットをずらしている人を見ます。

ゴルフ | スポーツ781閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

劣化したマットで、球の位置が擦り切れてたり、くぼんでたりしてたら、よくマットをずらします。 また、ドライバーのティの位置が自分に合わない場合もマットをずらしますね。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

こんにちは。 最初にご回答いただきましたのでベストアンサーに選ばせていただきました。 ありがとうございました。

お礼日時:9/19 12:34

その他の回答(10件)

0

マットは全面全て使う事を覚えるべきですね、使ってみなければ意味は理解できません。今は自動ティー打席になっていてマットと立つ足の位置、高さが平面になっていますが、昔の練習場で土の上に立ち土の上にマットが敷いての練習は、大いに役に立ったんです。今でも自動ティーの練習場では、マットの先がホジレテいますが、これは打ち込みの練習です、ようはターフをとるための。 マットの後ろに置く場合は、ダフリ防止の練習になります。立つ位置の正面のマットの手前淵に置くと、フェアウエイとラフとの境目になる、新しいマットではなく古いマットの場合、マットの真ん中が使い古して凹んでいる、これはラフの中を仮想できる、しかしそれを知らないで打っているとコースではつま先下がりのライになっている場と同じだから、平らな場合は大ダフリになる。 マットの下にゴルフボールを入れると前上がり前下がりのライを作れます。 マットはいろいろな練習ができます、上級者が練習場でやっている光景は見る価値がありますよ。

0

その練習を実際にやってます。 ①マットを後方にずらす(ボールの先が1段下がった状態) これはダウンブローのイメージ作りです。 1段下がった所を狙って振り、途中にボールがあるだけ。 ②マットの後方にで打つ(ボール手前が下がった状態) これオススメしません。下手な人がロングアイアンでやると高確率でダブり手首が痛くなる。 やるなら30ヤード程度のアプローチのみ。 クラブが上から入ってるかの確認です。

0

>マットを前にずらして前側ギリギリの所にボールを置いて打つ人‥ 逆ですよね? マットを前にずらして前側ギリギリにボールを置けば、右打ちだと2階打席なら落ちてしまいますよw なので、マットを後ろにずらして前側ギリギリに置くのが普通です。 ダウンブローのイメージ作りのためにやるのでしょうが、あまり意味がありませんね。 ボールを打った際にそこから先はマットが無いため、マットに当たる衝撃が殆どなく、俗に言う‶ヌケが良い”と感じるわけですが、多少ダフっていても‶ヌケが良い”と感じるわけなので上手く打てたと勘違いするわけです。 なので打っている本人は気持ちイイでしょうが、逆にダフっていても判らないため練習としては逆効果だと思います。 本当にダフリを解消したいのなら >マットを後ろにずらして後側ギリギリの所にボールを置いて打つ人います‥ 此方のほうがまだ練習になると思いますね。 まあ、手首などを痛める危険性があり、危ないですけどね‥。

申し訳ありません。質問は逆です。 なるほど、後ろにずらして前に置く、はあまり意味がないのですね。 むしろ、その逆の方が、と言う事で納得できました。 いろいろな意見を聞くと、練習場で低くティーアップしてボールだけ打つ方が練習になりそうですね。

0

ペラペラでバンスを弾いてしまうマットだとトルクコントロールの練習ができないから バンスに持続的抵抗を与えてシャフトを捻るためには適当な柔軟性が必要であるが、多くの練習場のマットは条件を満たしていない・・・その対応策の一種(^-^)

0

>マットを前にずらして前側ギリギリの所にボールを置いて打つ人、 逆じゃないですかね? マットを前にずらして、前側ギリギリにボールを置くと 右利きの場合、左足が打席から出ちゃうと思います。 一般的には、マットを後ろにずらして前側ギリギリに置きますよね。 ダウンブローに打ちやすくなります。ボールをインパクトしたあとにマットに当たる衝撃がなくなりますので、腕への負担が軽減します。 また、マットは皆が打つとその部分だけ凹んでいたりします。 そうなると、ボールが沈みますので普通の打点より低くなり打ち難い場合があります。 マットの先や後ろはあまり使われていないので綺麗な状態な事も多く 非常に打ちやすい場合があります。 たまにマットの前と後ろをひっくり返して打つ人もいますよ。 >マットを後ろにずらして後側ギリギリの所にボールを置いて打つ人いますが 個人的には見かけませんが、ダフらない様にする意図ですかね・・・。

申し訳ありません。間違えまして逆です。 いろいろご回答を見ていると、勘違いしてる人と、マットの良いところで打ちたい意図があるとわかりました。 ありがとうございました。