その他の回答(5件)

0

まず前提として、一口に“女性”といってもライフスタイル、価値観、家庭観も様々です。 [男性にとって働きやすい会社]という漠然とした環境を端的に示そうと思うとかなり歪んだ内容になるのと全く同様だと思います。 その上で“よく世の中で謳われる”“俗に言う“【女性にとって働きやすい会社】というのは、 多くの女性が通る就職後の【結婚・出産・育児・介護】というそれぞれのライフステージを意識したものと思います。 つまり、これら其々に応じた就業サポート・活躍促進の体制が整っている会社ということだと思います。 既にロールモデルとして様々なステージを経て活躍している先輩女性社員が居るという会社は更に説得力があります。 ・就業時間(拘束時間)に対するフレキシビリティ ・産休や育休の充実 ・育成や登用におけるサポート施策 ・組織風土の醸成 就職後から一度も離脱せずにフルタイムで働き続ける男性社員とは異なった活躍施策を講じているということです。 まとめると ・出産育児等による一時的な離脱から再びリスタートして ・その後も育児との両立においてフレキシブルな就労が認められ ・必要に応じて育成やメンター制度等が手厚く行われて ・公正な登用機会が与えられて ・会社に貢献できる(活躍出来る)人材へと成長させることができる会社 これが、働きやすい会社だと思います。

0

仕事に置いて女性より男性の方が優れていると勘違いしていない企業だと思いますねー。 女性も男性と同じレベルで、あるいは男性以上のレベルで仕事が出来ると知っている企業。

0

生理休暇が取りやすい セクハラが無い 育児休暇が設定されて、尚且つ取りやすい 育児の際の時短や、シフト勤務が取りやすい 女性の部下・同僚・上司が多い 女性社員というわざわざの区別が少ないか、あるいは無い んー、あとは思いつきません…(^^;)