回答受付が終了しました

「ITコンサルはやめとけ」と言われる理由ってなんでしょうか? 自分はIT業界を志望している大学3年生なのですが将来的にはITコンサルになりたいと考えています

回答(8件)

1

ろくな人間ではないからです IT業界に38年間いましたが、コンサルタントが幅を利かせた仕事に限って最後は徹夜、終電、休日出勤のとんでもない仕事でした コンサルタントはさんざんっぱら、知ったかぶりをして、結局は何も具体的なことは決めず、期限ぎりぎりになってSEに仕事を振ってきます 顧客はたっぷりと議論をした後なので良いシステムができると思い込んでいますが、中身はドタバタで作ったその場逃れのシステムです もしもITコンサルタントを目指すなら、最初からコンサルティング会社に入るのではなく、プログラマーからたたき上げるべきです それでは木を見て森を知らずになると言う人もおりますが、実際には森に一歩も入らずに森を語る人になってしまいます

1人がナイス!しています

1

「将来的になりたい」と考えているのなら、問題ないと思いますよ。 どの仕事もそうなのですが、仕事の出来ない人は職場で冷遇されます。 「ITコンサル」というのは、かなりピンキリの仕事になります。 例えば、新卒で数ヶ月レクチャーを受けた方がコンサルをしようとした場合、どうなると思いますか? 経営の知識も、お客様の業界の知識も無く、IT化というものを何となくレクチャーされただけの方が「このようにシステム化していきましょう!」とやるんですよ。 その業界で何十年も働いてきた経営陣に、知識の無い方がIT化を勧めたら、当然、滅多打ちにされます。 その結果、心身共に疲弊して、給与が上がる前に辛くて早期退職をするという流れになります。 そうやって辛い状況になった人は「ITコンサルはやめとけ」と騒ぎ立てます。 基本的に騒ぐ方の多くって、自分の能力不足を棚に上げて、仕事が悪い、教え方が悪い、業界が悪い、と騒ぐものです。 「(技術力が無くても直ぐに簡単にITコンサルで稼げると思ったのに、そうはならないよ。だから、)ITコンサルはやめとけ」と言っている方が一定数いるだけですね。 実際、驚くほど知識のないITコンサルもいるので、そういった方に合ってしまったお客様は「ITコンサル」というワードを聞くだけで、眉を顰めたりもします。 という事で、「ITコンサルになるには、学ばなければいけないものがたくさんある」という認識が出来ているのなら、特に止める必要はありません。 しかし「簡単に稼げるはずだ」と思っている人は「ITコンサルはやめとけ」という事になります。

1人がナイス!しています

0

なって欲しくないからです 競争相手が増えるとろくなことはありません

1

昔は上流工程が花形だったのでITコンサルは良いポジションでしたが、今はAIエンジニアやフロントエンドエンジニアが花形なので、開発をやらないITコンサルはオワコンになったという話です。将来的にはITコンサルになりたいというのは良いキャリアプランだと思います。実際、定年間近だと開発は無理なのでコンサルや管理職が妥当です。

1人がナイス!しています

1

ITコンサル歴15年ですが、一度もやめとけなんて聞いたことないですし、やめとけば良かったと思ったことも一度もないですが。 SEやPGに比べて残業は圧倒的に少ないですよ。

1人がナイス!しています