ID非公開

2021/9/18 0:50

55回答

「哀しみのコルドバ」

ベストアンサー

4

4人がナイス!しています

その他の回答(4件)

0

ID非公開

2021/9/20 11:35

初演は名作でもなんでもありませんでした。 何故か「ヤンサヨナラで」再演され、それ以降劇団が勝手に 名作扱いし、再演を繰り返してる昨今。 で、皆が観に行くからいい気ななってまた再演の繰り返し。

0

2015年雪組の公演をオンデマンドで見ただけなのですが、正直、退屈でした。 何度かくりかえされます『コルドバの光と影』や『エル・アモール』は、宝塚スペシャルなどで聞き、耳慣れていましたし、音楽がいいよね、とは思ったんですが、それにしましては、ここのところ、歌があまりお上手ではないトップさんが主人公で、歌をリードなさっているんです。 雪の早霧せいなさんは、お芝居はすぐれておられましたが、お歌はいまひとつで、長く聞くと疲れるんです。『エル・アモール』はロメロ役の望海さん一人が歌唱力抜群で、しかしリードして歌っておられるのは早霧さんで、それを補う女性陣の歌唱力が今ひとつ。他の歌も、ほとんど早霧さんが中心ですから、聞いててとても疲れました。 話の内容としましては、そうですね、組み立て方が悪いのでは? という気がしないでもないです。 主人公二人の過去の恋心を、回想で語られても感情移入しづらいですし、二人の恋が禁忌であることがわかる最大の山場が、母親二人の暴露合戦。 おおよそ、緊張感が無駄にしかならない感じで、これも疲れます。 歌がいいだけに、なんとかリニューアルできないのかな、と思うんですが、どうなんでしょうか。 それと、歌が苦手なトップさんには、向いていない演目だと思いました。

『コルドバの光と影』、タカスペ2019では、ひとこちゃんがリードをとって、宙組・留依蒔世、花組・飛龍つかさの二人の歌うまが歌っていて、すばらしかったです! あーちゃんの声が耳に残ります。

0

当時の星組はトップ娘役が2人いるから どっちとも結ばれないオチが続きました。 このあとの西海に花ちれども2人のどちらとも結ばれず 主人公が死ぬ平家の話です。 その次のレビュー協奏曲は湖条れいかのさよなら公演でした。