回答受付が終了しました

ID非公開

2021/9/19 9:38

66回答

なぜドイツ語は、英語よりマスターするのが難しいと言われているのですか?

ドイツ語 | 海外229閲覧

1人が共感しています

回答(6件)

0

ドイツ語には男性名詞・女性名詞・中性名詞 など英語にはない区別があります。 アルファベットは30文字 格変化 主格 属格 与格 対格 の単数形から複数形になる時 例えば der ○○から den ○○enに変化したり 変化しなかったり 必ず単語の一番初めは大文字で書く。 英語では、sad(形容詞)はsadly(副詞)に変化していますが、ドイツ語ではtraurigは形容詞だとろうと副詞だろうとtraurigのまま 余談だか 1980年頃まで日本のカルテは ドイツ語でその頃の医学学生は 英語のほかにドイツ語を勉強し、読み書きしなければ ダメだつた時代があつた。 英語と違い副詞等の変化が多く難しいと嘆く人もいたとかいないとか? まあ卒業までにはmasterしたそうだ カルテ書けない医者は恥ずかしいからね

0

どのポイントを「マスター」と呼ぶのかが不明瞭だが、 少なくとも ・文法が英語よりずーっと複雑 ・必要語彙が英語より多い の2点だけでも難易度はあがりますよね。 英語の不定冠詞は a/an の2つだけですが 独語では12個です。 英語の定冠詞 the は ドイツ語では16通りあります。 形容詞、英語はぜんぜん変化しませんが、独語は48通りの語尾変化をします。

1

簡単です。 小中学生の頃からドイツ語を習わないから。 また、英語の単語ほど日本では使われていないから。 つまり、子供の頃から英語と同じようにドイツ語に触れていれば、英語と同じ難易度の言語として習得の道を歩むことになります。

1人がナイス!しています

0

マスターの定義にもよるんでしょうけど、個人的な感想で言えば、 英語もドイツ語も日本語もマスターするのは難しいです。 マスターと呼ばないで、ネイティブと流暢に話すことができる言語、として比べると、英語は他の言語に比べて優れています。 理由の一つは、欧州言語の中では英語は新しい言語なので簡略化された文法を持っている事です。初期の英語作品カンタベリー物語、発展期のシェクスピアの英語に比べて現代英語はさらに簡易な文法です。 もう一つの理由は、フランス語やスペイン語、それにゲルマン諸語、古典言語、諸外国の単語が混在しているので、西欧州言語のどの国の人でも習い始めに高い壁がありません。 第3の理由は多くの国で公用語となっていますから、耳にする機会、学習機会が多くあります。

0

ドイツ語をロクに知らない人がデマを流しているからですよ。少なくとも自分の周りのドイツ語ができる人で「ドイツ語は英語よりマスターするのが難しい」なんて言ってる人はいません。