投資初心者の20代です。

ベストアンサー

0

その他の回答(6件)

0

私の場合は、債券は現預金枠です。 元本保証の債券のみ保有しているからです。 株や投資信託などの投資枠の商品はアメリカ株式インデックスをメインに色々持っていますが、債券はありません。 現預金枠に入れている債券を投資枠に組み入れて計算するなら、25%-30%は債券ということになります。 iDeCoは出口のルールが決まっているため、残高の20%を債券比率にしています。積立自体に債券商品はいれていません。

1

債券は不要だと思います。 しかも若い人なら尚更です。 債券を買えばリスク(価格の振れ幅)は下がりますが、リターンを捨てる行為でもあります。 全世界株式の長期チャートを見てみてください。 本当に恐れる必要ありますか?本当に債券は必要ですか?

1人がナイス!しています

0

こんにちは!株式投資でチマチマ小銭を稼いでいる者です(^^)/ ほかの回答者さまのご意見、なるほどと思いますねー。 勉強なります。よいご質問でしたね(´-`*) わたしはtou***さんのご意見に賛同します。 債券買わないで、待機資金として寝かせておくといいと思います。 そしてもし暴落が来たら、この資金を突っ込んで 安い値段で買いまくればいいですからね! そう考えると、もし暴落が来ても怖くないです。 むしろ楽しみになりますね (/・ω・)/

0

10年以上の長期積み立ての場合は・・・債券は不要ですよ。 株式100%で問題ありません! https://www.youtube.com/watch?v=5pOq0hve2jU&t=40s 投資期間が10年未満の場合は、暴落時に備えて、債券ファンドを保有しておくのは結構です。 emaxis slim先進国債券ファンドで結構です。

1

株式に対するリスクヘッジに債券というのは王道ですが、長期積立なら債券は必要ないと思います。長期間のコツコツ積み立てでリスクを低減させるのが目的ですから、わざわざ債券を購入する必要メリットはありません。 今後金利が上昇することが考えられるので、債券価格は下落するとう観点からも必要ないです。

1人がナイス!しています