オンラインゲーム上で、あるユーザーに対する誹謗中傷に対して、名誉毀損は成立するのでしょうか? ユーザーネームだけでは個人を特定することは難しいと思うのですが、名誉毀損は成立するのでしょうか?

ベストアンサー

0

その他の回答(2件)

0

詳しい状況は分かりませんが、その現場(ネット上)が2人(容疑者と被害者)だけの場合だったら、名誉棄損罪は成立しません。 ネットで調べたら出てきますが、刑法230条には、「公然と事実を摘示し、人の名誉を棄損したもの」と書いてあります。 公然ととは、みんなが見ている前でやった時に限ります。 誹謗中傷の中身が、バカやブスのどの場合は、刑法231条の、侮辱罪に当たります。しかし、侮辱罪も、「公然と」と書かれているため、みんなの前じゃなかったら、成立しません。 みんなが見ていたのであれば、警察に行って、捜査してもらうことも可能ですが、警察が重要犯罪のほうに力を入れているときであれば、難しいと思われます。 もちろん、誹謗中傷は道徳的によろしくありません。

0

名誉毀損は成立します。 本罪の行為は人の名誉を公然と事実を摘示して毀損することである。 通説では、本罪は抽象的危険犯とされる。つまり、外部的名誉が現実に侵害されるまでは必要とされず、その危険が生じるだけで成立する。 事実の有無、真偽を問わない。ただし、公共の利害に関する事実を、専ら公益目的で摘示した結果、名誉を毀損するに至った場合には、その事実が真実であると証明できた場合は処罰されない ※ウキペディアから引用 なお、ユーザーネームから個人情報の特定は法的に行えば可能です。運営側は法的に正当に請求された場合は、開示の義務が生じます。 だから、リアルだろうがネットの中であろうが、悪口には法的にも責任が伴います。後で賠償や法的責任を求められてもいいと言う覚悟がなければ、使うべきではないものです。