なぜ人間の脳が右脳と左脳に分かれているか知っていますか?

哲学、倫理 | ヒト105閲覧

ベストアンサー

3

3人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

北風と太陽が今日も旅人を探しさまよっています。

お礼日時:9/26 23:19

その他の回答(4件)

0

まだ右脳と左脳に別れていることさえ見たことがありません。 人が作った模型では見たことはありますが本物は見ていません。 そうすると人間にはいくつの脳があるんですかね。

それは、もしかすると最近の人の頭を開いたら実は脳が3つある人もいれば4つある人もいたりするのかもしれませんね。きっと昨今のパソコンのCPUの多コア化に感化されたのではないでしょうか。

1

単細胞から始まる生物です。 何が先かを考えていけば流れが推測できます。 正否は分かりませんが・・・。 まず目が発生していない時点で泳ぐか向泳がないか 泳ぐ前があるかないか 動物はエサを探しとらえるために動く生物です。 泳ぐ前から動いていたとすれば這うような生き方の時期があると思います。 下は地面、 上は水 進行方向は前進であり左右 感覚器はその2方向に限定されるでしょう。 大脳と小脳どちらが先? 動くことを優先していれば小脳が先にできているでしょう。 これは1個で左右に割れていません。 目が先か大脳が先か 多分目が先でしょう。 というか感覚器が先でその一部が目に進化します。 植物が先か動物が先か 植物でしょう。 ならば動物の始まりは植物食の傾向があったと思われます。 有機物としての違いがそれほどない段階でしょうが・・・ ただ植物食なら、エサは光のある方にいる確率が高いわけですから、 明るさを感じるよう感覚器が発達すると思います。 それが感じるから見るに変わるわけです。 その感覚器からの情報を受容処理する部位があったのでは? 感じている感覚を見るという感覚に情報処理する。 左右の目が発達するとともに目の情報受容体が大脳にレベルアップします。 これが左右に分かれている理由と推測されます。

1人がナイス!しています

ワクワクするような論理的考察です。 なるほど、左右の目の発達とともに左脳と右脳というまとまりができたと推測するんですね。すると、進化の過程で、なぜその二つの脳はひとつにまとまったりしなかったのか気になります。そのまま左脳と右脳の二つに分かれたままの方が都合が良かったのでしょうか。

1

左脳と右脳の機能局在が生じ、主に脳梁部でのみ接続しているという大脳の形態が生じたのは、進化上の偶然でしょう。 神経が生じ、神経核が生まれ、神経核が一か所に固まった方が生存可能性が高くなるということと、胚発生の左右形成あたりが、偶然重なって神経交叉と左脳と右脳ができただけだと思います。 生物進化では、偶然にできてしまった事でも、生存上著しい問題がなければ、つまり、子孫を残すことが出来る程度であれば、そのまま継承されていきます。 生物の構造なんて不合理な事や、説明が困難なことばかりです。

1人がナイス!しています