シチュエーションシリーズ⑪:優しさの不意打ち、そして根性w【洋楽2曲】 . 【元祖シチュエーションシリーズ】が帰ってきましたよ!(笑)

画像

洋楽 | 音楽1,094閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

1人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

こんばんは、いつもご回答ありがとうございます!不勉強で最近のTVドラマを殆んど知らず、「離婚弁護士」という作品(なかなかトレンドを押さえてるなぁ感は感じます!)も、ましてや挿入曲も存じませんでしたが、新鮮味がないなどという意味でなく、懐かしい感じがします。TVドラマとのタイアップ…いつから始まったかは不案内ですが、たとえば私自身にとっては’80年代、そういうかたちで知った名曲数知れず…そんな曲たちの延長上にある気がしました!内容もシンプルな応援歌で、辛く困難な時に寄り添ってくれそうなこの雰囲気…イイですね! ♪Immigrant Song、移民の歌…いきなり白状しますと、聴いたことはあるもののツェッペリンの曲とは!まったく知りませんでした!どこかのハードロックバンドの一発最大ヒットくらいに思っていました、あゝ恥しい…”移民スピリット”いわばハングリー精神のようなものを持ち続けたいものです!

ThanksImg質問者からのお礼コメント

受付終了日となりました。15名の皆様、ご回答どうもありがとうございました!abのコンビネーションとしては、ずーみん様かcou_様かの最終二択となり、夫々聴き直しました結果、cou_様にBAを謹呈いたします! ♪You Raise Me Upや♪You've Got a Friendなどの王道曲からも優しさの不意打ちwをしてほしく、The Police 於・都営浅草線wにはなぜか元気を沢山貰えます!

お礼日時:9/28 6:08

その他の回答(14件)

3

おはようございます。 a) Eagles - Desperado https://www.youtube.com/watch?v=hhe0ULrAHIw 「引きこもりの友人」に向けての詞だね。普通なら関わり合いたくないのに、無責任に励ます訳でもなく、優しく寄り添う詞だと思う。現代も社会問題になっているこのテーマですが、親や友人がいなくなった時に「選択」を迫られることになります。そしてその選択肢は多くはない。 b) T Bone Walker - Stormy Monday https://www.youtube.com/watch?v=VAPDJheC0Jk 労働基準法36条に特別条項付協定をオプションで結んでも1か月の時間外・休日労働の上限は100時間未満、かつ、2ヶ月ないし6ヶ月を平均して1ヶ月あたり80時間以内でしか時間外・休日労働をさせることができないが、これらの適用を除外される労働者がいます。また、その者には休憩の規定も除外され、会社は時間外労働・休日出勤・深夜時間帯の割増賃金を支払う必要もない。 基準年間平均給与額の3倍(現在厚生労働省令で定めるのは1年あたりの賃金1,075万円)以上の保障はあるものの、過労死の危険性をはらんでいる。命あっての物種だ、「選ばれた者」も過酷な運命を背負っています。

3人がナイス!しています

おはようございます、いつもご回答ありがとうございます!今回もグッと渋めのEagles & T Bone Walker… 私のような年甲斐もない軽はずみな心の主wには、いいクスリです、というよりも、うわつき気味の気分を毎度適度に締めていただける気がします… ♪Desperado、美メロのバラードであり、陶酔してしまうようなボーカルも相俟って、友愛どころか甘やかなwラブソングとさえついつい勘違いしそうですが、おっしゃるとおり、ある意味救いがたい相手を本気(マジ)で慮って語りかける珠玉の名作ですね、『きみの友だち』や『明日に架ける橋』よりもさらに相手の土俵?に踏み込んだ感のある… >選択肢の多くはない選択  とおっしゃること、苛酷ですが、たしかに目を逸らせないことです… ♪Stormy Monday…おっと!(笑)このタイトルからしてもう頭から冷水でも浴びる気分ですが…なるほど備えは大切ですね!

2

おはようございます。開いてるうちに来ましたよ~(=゚ω゚)ノ 【元祖abcd】ラーメンの屋台みたいですね。久しぶりにあそこの四つ角に出てる!見つけてからソワソワしてました(笑) さて、応援歌の類は全く性に合わない私なので、不意打ちに弱いのは何だろうと考えたら・・・空腹のねぎらい(機嫌取り)かも!爆笑 a) ♪Rolling Stones - Till The Next Goodbye https://www.youtube.com/watch?v=DJAVByCKlZU “ハニー、何か食べたいものない? 52番通りにいいコーヒーショップがあるよ” いきなり歌い出しに負ける!たぶんこれ、年配の男と若い女の不適切な交際だと思うんだけど、父親と娘の会話みたいでもあるんですよね。“お父さんは洒落た料理もお酒も要らない、ましてお前が泣くのなんか見たくない”と。 2:20~転調して、can ya? Can ya? とくり返すところもバッチリ~(≧▽≦) b) ♪Gloria Gaynor - Never Can Say Goodbye(Original Version 1982) https://www.youtube.com/watch?v=MJ2wQPYANyA てなわけで、こっちも根性とは違うんですが。心の声・・ですかね。恋愛に匙を投げて出て行こうとすると、ソレが言うわけです。“It says, Turn around, you fool” 馬鹿者!踏みとどまって勝ち取れと。違うか(笑)でもそんなメッセージに利用できそう。邦題が「さよならは言わないで」と受け身なのが疑問だけど、オリジナルのジャクソン5(子供のマイケル)より、女性が歌った方が合う気がします。 で、曲の方は、始まりと同時に、大勢のモデルさんがランウェイに躍り出て来そうじゃないですか?めっちゃはじけてます(笑) abcdさんの選曲は「ゆっくり深呼吸して」→「さあ労働するぞ!」って感じ? ふざけた作業系・労働系のMVって元気出ますよね(^_-)-☆

2人がナイス!しています

おはようございます、いつもご回答ありがとうございます!なんだか久しぶりの感じもするのですが、そんなお互いご無沙汰の筈もないし…と気を取り直しております(笑)それにしても朝5時過ぎのご回答、宵っ張り?それともアーリーライザーw?などと、管理人(?)のような野暮なことは伺いますまい!(笑) ♪~Goodbye…、たしかに、”爛(タダ)れた”wなどとは申しませんが、父娘ほどの”年の差愛”みたいなのを自然に感じるのは何故でしょうね?(笑)世間や常識という怪物がどう罵ろうが後ろ指差そうが、ふたりの思いはピュアで、とくに”娘”のほうはそんな世の中に対してなおムキになるばかり…あ~あ月曜朝から妄想始まってる(笑) ♪Never Can~…余談ながら、略そうとして初めて気づいた、心憎い”語尾揃え”の上級ワザを!(笑)こちらのタイプの曲は『フラッシュダンス』などと同様、十分景気づけや発破かけになるでしょ!

2

a) Dire Straits - Sultans Of Swing https://youtu.be/h0ffIJ7ZO4U マーク・ノップラーのギターもいいのですが、それ以上にメロディーを辿らないボブ・ディランのような歌い方にハマって抜けられなくなります。 b) AC/DC - Thunderstruck https://youtu.be/v2AC41dglnM 1990年発売の曲ですが映画などで使われることがやたら多く、えらいロングセラーになってますね。 ・・・という背景もあるのか、現在でもMLBや日本のプロ野球の試合中に選手の入場曲として流れるのをそれなりの頻度で耳にします。

2人がナイス!しています

この返信は削除されました

2

abcdさん、こんにちは そして、すみません再投稿させて頂きました どちらもビートルズでお願いします a)With A Little Help From My Friends https://youtu.be/0C58ttB2-Qg b) I've Got A Feeling https://youtu.be/DbKPZd5oihc

2人がナイス!しています

シフォンさん、おはようございます、いつもご回答ありがとうございます!2曲ともビートルズでご選曲…粋なコンビネーションにお蔭様でゴキゲン気分wです! ♪With A Little Help~は、もう何度かご紹介に与り目にしてきたアルバムジャケットですが、今朝は特別冴えているwのか「こちらのジャケそのものが知恵袋の質問とされたことはあるのだろうか?」と鋭く閃きました。端から端まで映っている全員を当てる!…さぞ面白い試みではないでしょうか(笑) ♪I've Got A Feeling…もぐりな私はこちらの曲も初聴です…イイですね、初めてなのに懐かしい感じのするサウンドです。こういう曲を聴くとあらためて、ビートルズという存在がロック史においていかに産業革命?wのような存在だったかということに思いが及びます。彼らの幅広いボーダレスな音楽性、いまさらですが偉大ですね! どうぞGood Fridayを!

1

こんばんは。 a)Ducks Deluxe - I Got You https://youtu.be/0RgPWZwVQz0 全身の力が抜けてリラックス出来ます。 b)New Model Army - Here Comes The War https://youtu.be/1VJTy8pgdvs これは戦闘準備完了っとこでしょうか。

1人がナイス!しています

こんばんは、いつもご回答ありがとうございます!今夜もリラクシング&アタッキングwという対極を、red_さん流に上手にご選曲くださって感激です!♪I Got You…ほんとにこちらはホッとする曲調で、バスタブいっぱいにやや温めのお湯を張り、泡の出る温浴剤を落してザザザ、ザブーンwと浸かった瞬間のような、おっしゃるとおり全身の力が抜けるような極楽感…自分でも不思議な感覚なんですが、ザ・バンド(ラストワルツ)とデヴィッド・ボウイ(ジギー・スターダスト)を一緒に聴いてるような、もう盆と正月が一緒に来たようなw、贅沢な多幸感に包まれます!笑 ♪Here Comes The Warは文字通り「いよいよおっ始(パジw)まるぞ」的な戦意高揚系の1曲でしょうか。たとえばカイシャ勤めの人なら、社運の懸かった契約を獲れるかというD-デイ、大事なプレゼンをする日の朝などにぜひ大音量で聴きたいタイプの曲ですね!