般若心経を読んでます。なぜ、いちいち、大乗とか小乗にランク分けしていますか?僧の世界でも救済などの施しよりも何か大切な物があるのでしょうか?

宗教75閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

有り難うございました。

お礼日時:9/26 19:58

その他の回答(4件)

0

小乗は、文字の通り「一人用の船」で一人で修行するときに使う単語です。 大乗は、やはり「大きな船」です。 これは、悟りたいけど仕事とかで忙しくて修行でいないよって人向けに作られた優しい教えです。 悟りに、どっちが上とか下とか正直ないと思います。 一応、ランクは縁覚、声聞、菩薩級、仏(釈迦の境地)とありますが 縁覚も声聞も悟った人だし、簡単に言うと「イチロー」も「松井」も「ダルビッシュ」も「大谷」もあそこまで行ったら全部すごいでしょ?みたいな違いです。

1

大乗仏教は、縁覚乗・声聞乗・菩薩乗の中で、縁覚乗・声聞乗は小乗であり、劣っている、菩薩乗は大乗こそが優れているのだという思想を持っています。 しかし、教えの受けとめ方の違いで小乗仏教と大乗仏教に分かれたのであり、もともと小乗・大乗といった区別はなく、お釈迦様の教えという「一乗法」があるだけです。縁覚乗・声聞乗は劣っていて、大乗こそ優れているのだという対立的なものの見方ではなく、かたよらない心、とらわれのない心をもって、お釈迦様の教えをともに尊ぶ姿こそ「大乗」なのです。

1人がナイス!しています

0

ランクというよりも別物ですね。 カソリックとプロテスタントと同じ。