回答受付が終了しました

将来個人でジェット機「戦闘機」を持ちたいのですが、自衛隊のf4ファントムが引退したって言うのを結構前にきいて思ったのですが、払い下げ品みたいなので、買えないんでしょうか?

回答(7件)

1

日本では戦闘機は退役しても民間機としての型式証明を取得していないので民間人は購入出来ません。日本で個人所有の飛行機が少ないのは車の車検に当たる定期検査に高額な費用が掛かるからです。(飛行場に駐機するにも離着陸するにも高額な費用が必要になりますからね!)個人で滑走路を建設すると空港としての認定を国土交通省から受ける必要が有り様々な設備が無いと認定されません。

1人がナイス!しています

1

F-104Jを自宅に飾っている人が居ます。しかも屋根の上! どう言う経路で入手したかは解りません。(元パイロットだったとか?) 参考↓ http://yoshio-niikura.cocolog-nifty.com/tanabota/2010/12/post-24d1.html

1人がナイス!しています

飛行機プラモメーカーのハセガワも、F-104を保有しているみたいです。 但し、どちらも不動機(エンジン等が取り外されている)かと思います。 百里基地の雄飛園に展示されているF-4は、エンジンが搭載されているとか? でも、百里にF-4の操縦資格を有する隊員が居ても、飛ばす事はしないでしょう。 昔、F-86ブルーの機体(用廃機)を整備しタキシングさせた事は有りましたが。 画像は、雄飛園に展示して有るF-4。 雄飛園はコロナの影響で公開を中止しているとの事で、フェイス越しに撮影しました。

画像
1

飛行可能な戦闘機を払下げで購入する事は出来ません。 博物館やその他に展示する為に購入される場合もあるようですが、 地元の有力者や自衛隊との協力関係が有るなどの組織に 限られるようです。

1人がナイス!しています

1

購入した戦闘機を保有して飾るだけで飛ばさなくてもいいなら、自衛隊のは難しいと思いますが外国の退役機を購入して武装を外して持ち込むとかなら機会はあると思います 日本国内で自由に飛ばそうと思うと、けっこういろんな証明が必要になって、すんごくハードルが上がります。不可能とまでは言いませんが、あまり現実的ではないです。飛行機というのは事故があった場合被害がとても大きくなりがちなので、自動車とかとは比べ物にならないくらい素性や状態を保証する必要があるからです

1人がナイス!しています

1

アメリカで買えますの回答にある4億2000万円の価格以外にも飛ぶ戦闘機である事を維持させる為の維持費や管理費などかなりの金額がかかるよ。 ちなみに飛行可能だった日本陸軍の四式戦闘機「疾風」が日本に里帰りしたが(京都嵐山美術館の所蔵品となった)、部品の盗難、露天展示による劣化により飛行不能となってしまった。疾風を日本人実業家に売り渡した当事者である私設航空博物館のドン・ライキンスはこの状況を聞いて深く後悔しており、本機の復元を行ったマロニー博物館も「他の機体数機との交換で良いので還して欲しい」とコメントしている。

1人がナイス!しています