交差点を左折するときは、巻き込み確認が先ですか?左に寄るのが先ですか?

ベストアンサー

0

その他の回答(7件)

0

いろいろ意見を言う前に、まず原則は「左折するときは、あらかじめその前からできる限り道路の左側端に寄り、かつ、できる限り道路の左側端に沿つて徐行しなければならない。」ですね。 まず、「あらかじめその前からできる限り道路の左側端に寄る」わけですから、寄るときに後ろから自転車などが来ていたら危険です。だから、左後方をしっかり確認(特に死角に注意)してから左側端に寄ります。 普通はこれで自転車などが入り込む隙間はなくなるので、左折時は「できる限り道路の左側端に沿つて徐行」すれば良く、改めて巻き込み確認の必要はありません。注意力は、対向車や左折先の横断者(特に左後方からの自転車は見逃しやすい)に集中できます。 しかし、左折先が細くて十分に左側端に寄れない場合や、路側帯のある道路では、当然自転車などが入り込む隙間がありますから、左折時にしっかり巻き込み確認の必要があります。 いろいろなケースがあるので、決った手順だけにこだわるのではなく、何を確認することが必要かという基本を良く理解していることが大事です。

0

こんな質問をすること自体が間違ってる。マニュアルのように手順だけを覚えようとするのではなくて、その行為をする意味を考えてください。 左折するなら、まずウィンカーを出し、ルームミラーとサイドミラー、目視で巻き込み確認し、安全が確認できたら左に寄せて、減速して曲がる。その手順です。 左に寄るときに、左側に自転車やバイクがいると危ないから、そこにいないかどうかを確認するために巻き込み確認をする。それから寄せる。一度寄せたら、曲がりきるまで左側にスペースはつくらない。そうすれば、左側をすり抜けすること自体が不可能なので、寄せてから曲がる前に確認など必要ない。無駄です。 曲がるときにもう一度確認するって、なんで寄せたあとに確認するの?って疑問ですけどね。そんなもの確認でもなんでもない。見ること自体が無意味です。

0

①おおむね30m+3秒前に合図。 ②3秒後に左に寄せるが、寄せる為にハンドル切る直前に左後方目視 ③左折をする為にハンドルを切る直前に巻き込み確認の為目視 通常走行中は、それ以外にルームミラー、サイドミラーも使って周囲の安全を確認しなければならないが、ミラーを見たか見ていないかは試験官(検定員) にはわからないので、試験(検定)では①~③ができていれば、OK

1

左前方を目視確認してからミラーで左後方を確認 ↓ 左に寄せる ↓ 左折前に左前方を目視確認 左折直前に左後方の巻き込み確認です。 いずれにしても、 直進の時点で距離と速度を測って巻き込みのリスクが無いか否かを前方で確認するのが大切。 車も対象物も動いているんだからさ。

1人がナイス!しています