回答受付が終了しました

ID非公開

2021/9/23 11:38

99回答

小室圭と結婚する眞子様はアメリカに行くビザは何ビザでしょうか?

ビザ1,201閲覧

3人が共感しています

回答(9件)

2

ポジションがLaw clerkということなので、これまでの経緯ではF1のOPTでしょう、、、OPTなら、雇ってくれるところは多いです。 配偶者はF2です。 弁護士資格が手に入ればH1Bも可能といったところですが、問題はOPT終わって、ほとんどの人は雇用が継続されないということです、そこは彼の実績次第でしょう。

2人がナイス!しています

3

推測・憶測の域をでないが、彼が既にH-1Bをもっているなら(学校にいる時に申請してあったとおもう、あのレベルの法律事務所ならそんなに難しいことではないと思うし)、彼女はH-4が一番簡単でしょう。 但し、彼女はまだ国籍(戸籍)もパスポートもないらしいし、アメリカの前例では同盟国の王侯貴族の家族の一員に時には外交ビザを認めたりしているし... 噂に過ぎないがハリー王子はOビザであるとか、また米国では「Private Law」という下院・上院議員の「sponsor」(法案を出す者という意味)で議会で可決され大統領が署名すれば特定の人物にいかなるビザあるいは身分を授与させることも可能なので(多くはないがかなりの前例が、簡単に言えば一般の移民法をバイパスした「超法規」)、米国にとって戦略的に重要な国の王侯貴族の一員とか前例はないかもしれないが、「皇族」の家族とか)にはそのような考慮がされる可能性も... ハリー王子は配偶者が米国籍なので、その気になればGC(グリーンカード)は即待たずに(笑)取れることと思われる。 また、H-1Bはいわゆる「dual intent」ビザ(簡単に言うと変更可という意味)なので結婚後渡米した時点で即夫婦のGCへの変更の申請をするかもしれないし...これが一番「風当たりの少ない」解決法かも...

3人がナイス!しています

1

配偶者ビザ。 皇室は離脱されるとのことなので皇室関連ではない。 もちろん小室氏が現地の就労ビザを取得していることが前提。 従って眞子様の国のバックアップを受けた皇室関連のビザに小室氏がヒモのようにぶら下がるなどは出来ず、あくまでも一般人として小室氏を主体として現地での就労に基づくものになります。

1人がナイス!しています

1

小室氏が就労VISAを取るので、就労者の同行家族のVISAでしょう。

1人がナイス!しています