ID非公開

2021/9/23 14:46

33回答

東ドイツで、西ドイツやオーストリアのテレビやラジオを視聴することは可能だったのでしょうか?

補足

回答ありがとうございます。ところで、東ドイツ国民が西ドイツのテレビを視聴しても、当局から罰せられなかったのでしょうか?

ドイツ語 | 海外93閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

0

政治的には1960年代前半までDDRでは西側の放送を見たり聴いたりすることは犯罪扱いされ、スパイや対敵協力者として迫害されることもありました。影響されやすい小学生、中学生(相当の年齢の生徒、児童)を洗脳して誤った正義感をかきたて西側の放送を見聞きしている家を密告、摘発させたりしていました(特にベルリン(西)から放送していた占領アメリカ軍の放送RIAS(VOAやFENに相当)は目の敵にされていた)。 壁の建設により社会が安定した70年代以降はそのような迫害もなくなり、社会のガス抜きとして許容されるようになりました。

その他の回答(2件)

1

懲罰はなかったようですが、西側の報道内容を否定するプロパガンダ専用の テレビ番組がありました(週一回)。DDR Der schwarze Kanal で検索すると添付したようなYouTube動画が確認できます。 https://www.youtube.com/watch?v=3GeAMdCL2vc

1人がナイス!しています

1

電波は国境とは関係なく飛んでいきますし、国境で遮断も出来ませんから、視聴は可能だったかもしれません。 ただし、放送方式には、主にNTSC、PAL、SECAMが存在しており、規格が異なると、当然、受信も出来ません。 これは技術的な側面よりも政治的な背景があったものと推測されます。 西側諸国がPALだったのに対し、東側諸国はSECAMで放送されていました。 東側諸国の人達がPALの受信装置を手に入れようとしても、簡単には手に入りませんでした。 電波は届いていたかもしれませんが、受信機で情報遮断を行っていたのです。

1人がナイス!しています