ID非公開

2021/9/24 10:12

22回答

アインシュタインは「この世に無限なものは2つある。宇宙の広がりと人間の愚かさ。ただし、前者については断言できない」とおっしゃってましたが、宇宙は無限に膨張を続けるのではないのでしょうか?

天文、宇宙91閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/9/24 16:36

ビッグバンやインフレーション理論では膨張のための余分な空間など必要ないんです。距離に比例して大きくなる速度ですが特定の向きを持たない…それが空間の膨張と言われる所以です。 …つまり膨張してるんだから有限、とはならないんです。むしろ有限であるという観測結果とか根拠とかが見つかってないので宇宙がどこまで続いてるのか不明です。 可能性を潰していった結果がどんなにありそうになくても∞を示してる…。 ブラックホールの地平だって光速不変の光が止まってしまうなら空間が無限に伸びてることになるんだからそれに比べればたいしたことない?

その他の回答(1件)

0

私は宇宙の空間は無限を思っています。 それでこれが現れた事もない考えです。 但し今広がって見えているのは銀河という物質だけの考えです。 この物質の広がっている限界はあります。 これはいずれ全てで集まって来ると思っています。 こういう事で回答しているので載せてみます。 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14245645964 ところで今の科学では、将来もなお空間が広がり続けて行くとしてます。 宇宙が60億光年からこちらに向かって若干加速で観測されるようになってからは,宇宙はこれからも広がり続けるだけで,縮まって来るような事がないという考えが一般に言われるようになってます。 60億光年からこちらを観測していた科学者のチームが,超新星爆発の状況で距離と加速を判断して,若干加速で見えるという事になったのです。 これは驚くべき発見とされ,空間は将来に渡って広がり続けるとされています。 そしてこの発見の人達はノーベル賞を貰っています。 これは宇宙が空間ごと広がった事で成り立つ話です。 そしてこの加速させているエネルギーが不明とされ,これをダークエネルギーとしてます。 ところが私の思考のような物質的な広がりでは,将来集まって来る理由になるのです。 それは全ての物質が集まった時は途方も無い量で圧縮されて,それから縮まった勢いで反発して広がるのです。 この集まった集団はかなりの大きさの球体です。 それで広がる時は回りから銀河群が剥がれるように広がるイメージになり,そして遠のくのです。 この時光を遥かに超す信じられない速さであっても,段々と衰えて行きます。 そして後から広がっている物は,時が遅れた為に,こちらから見ると未だ加速の方が速い状態で残っています。 これに対して遠くほど,先に起こった状態で加速が衰えて見えます。 それで比べると,あたかもこちらに近い方が加速して見えるのです。 しかし現状では違うことになります。 それですから1億年から5億年の後では、こちらから順序良く遅くなって来るのが観測されるようになって来るはずです。 今は経過的な時の流れで、言わば錯覚されているようなものです。