年金アドバイザー3級の勉強は、社労士試験の受験勉強にも役立ちますか。 現在、10月に行われる年金アドバイザー3級の試験勉強をしています。 法律の勉強とか、今までしたことがなかったので、

資格 | 社会保険152閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様、ご回答いただきありがとうございました。試験まで後1ヶ月ですので、頑張って勉強します。社労士試験については、今回の試験結果を受けて考えます。御三方のご回答から、小さい励ましをいただきました。感謝いたします。

お礼日時:9/28 13:07

その他の回答(2件)

1

近年、これを社労士受験生が受験までの間に小手調べ や何らかの目的(知識の確認、等)で受検するケース が増え、受検者数も以前より増加傾向にあります・・・

1人がナイス!しています

0

年金アドバイザー試験の試験範囲である国民年金法と厚生年金保険法は、社労士試験の配点の約3割を占めます。したがって、年金アドバイザー資格取得のための勉強は、社労士試験の年金科目の学習にも役立ちます。 ただし、年金アドバイザー試験と社労士試験では、問われる知識の種類が少し異なります。年金アドバイザー試験では、年金相談の実務に役立つ知識が中心に出題されるのに対し、社労士試験は年金制度全体への理解が求められます。問われる知識の広さや深さで言うと、年金アドバイザー試験は、「狭く深く」、社労士試験は「広く浅く」という感じです。 このように、2つの試験で問われる知識の種類が異なります。しかし、年金アドバイザー3級合格相当の知識は、社労士試験の年金科目を学習するうえで、重要な下地となります。したがって、年金アドバイザ―3級試験の合格をステップとして、社労士試験に臨むというプランを立てることが可能です。