ID非公開

2021/9/24 21:41

22回答

小説のジャンルについて、殺人犯が逃亡する話のジャンルは「ホラー、オカルト」ではなく「ミステリー、サスペンス」ですよね?

小説25閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます! 何にでもなり得るのですね…!! ミステリーだと思っていたものが、内容仕出しではファンタジーにでもSFにでもなる…目から鱗でした… ありがとうございました!

お礼日時:9/28 19:34

その他の回答(1件)

1

とも言い切れないです。 元々ホラーと言えば超常現象の存在が不可欠でしたが、超常現象が全く出てこないトマス・ハリスの『羊たちの沈黙』が全米最優秀ホラー作品に与えられるブラム・ストーカー賞を受賞して以来、超常現象の無い作品もホラーとして扱われるようになっています。 日本でも貴志祐介の『黒い家』が日本ホラー小説大賞を受賞するなど、超常現象が登場しないホラーは多く書かれています。 また、映画ではわりと古くから殺人犯が次々と殺人を犯すだけの話がホラー映画として扱われていました。代表的なのは「13日の金曜日」でしょう。 ですから、内容によって「殺人犯が逃亡する話」がホラーと呼ばれることはあり得るでしょう。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/9/28 19:33

ありがとうございます! なるほど、必ずしも超常現象が必要というわけではないのですね…!! 言われてみれば13日の金曜日も幽霊は出ないですもんね… とてもわかりやすかったです!ありがとうございました!