副業で築35年の木造アパートの購入を考えております。本業の給与収入の節税を期待して、法人化はせず、個人事業主としてすすめる事を考えています。

税金 | 不動産60閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

分かりやすい回答をありがとうございました! 給与所得は当面安定しておりますので、青色申告は物件の減価償却が終わるタイミングで検討しようと思います。

お礼日時:10/22 13:15

その他の回答(3件)

2

ありません。 さらに、マイナスのときは、ローンの利子もすべて計上出来ないね

2人がナイス!しています

1

青色申告、 赤字の時は、65万円控除は結果的に意味が無いです。 しかし、少額減価償却資産購入などて、効果が出る可能性はあります。

1人がナイス!しています

1

仰る通り、中古は償却が短いので不動産単体では赤字になるでしょう。特別控除を使うまでもなく赤になる可能性が高いと思います。 しかし、赤字の繰越も青色の特典の一つです。 給与と通算したら赤まではならないかもしれませんが、万が一給与が無くなったりして総所得が赤になった時のためにも青色の申請はしておきましょう。

1人がナイス!しています