仮定の話ですが、国際宇宙ステーション(ISS)が赤道上の低軌道(高度400km、秒速8kmで)を周回しているとして、ISSと壊れない石Aを魔法の紐(重さも摩擦も伸縮もせず、破断したり燃え尽きたりせず、

天文、宇宙 | 物理学71閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

その他の回答(1件)

0

(重さも~~せず)は意味不明です。 >放物線を描いて赤道上の何処かの上空C(初めて紐が伸びきった状態)に辿り着くと思うのですが間違っていますでしょうか? たぶんそうなんじゃないかと思います。 >また予想通りCに辿り着いたのであれば、ISSと繋がれてる石AはCに静止し続けられるのでしょうか? 質問者さんは、石の大きさや重さについて言及されておられませんが? ↓これくらいの石だと、地表まで落下するでしょう。そして紐で繋がれている ISSも 390km先の地表に激突するでしょう。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AC%E3%82%B9%E3%83%97%E3%83%A9_(%E5%B0%8F%E6%83%91%E6%98%9F) 極端に小さい、「小石」のようなものであれえば ISSの軌道にほとんど影響を与えず、一方的に ISSにひかれて軌道を回るでしょう。 「伸縮もせず」ということだと まっすぐになったときの反動がどうなるのか分かりません。取り付け部分の弾力しだいでしょうか? 紐が いっぱいになったあとは ISSにひかれて元の軌道の方に上昇していくのか? オーバーシュートして、ISSの」後方で上昇・降下を繰り返すのか? それとも ISSの頭上から ISSを追い越し、半径390kmで ISSの周りをまわることになるのか? いづれにしても ISSから半径 390km以内の距離を保ち、ISSに連れられて地球を周回するでしょう。 周回する周期は高度400kmなら約90分ですから「静止」ということはないでしょう。