nomos ノモスの時計が気になりますが、耐磁性が(あまり?)無いようです。

補足

ちなみに気になるモデルはオリオンです。 モデルによって違いがあるか?分かりませんが、念の為補足します。

メンズ腕時計、アクセサリー165閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました! 気を付けながら使用すれば大丈夫そうですね!

お礼日時:9/26 18:16

その他の回答(7件)

0

ノモス タンジェント(NOMOS delta搭載モデル)を愛用していますが、特に磁気帯びに弱いと思ったことは有りません。 スマホもノートパソコンもガンガン使っていますが、特に精度が悪くなったりしている様子はありませんよ。 強い磁石に近づけない等基本的な対策をしていれば普通に使えると思います。 特に最近のキャリバー(DUWとついているもの)はヒゲゼンマイが刷新されているので、心配することは無いでしょう。

1

気をつけていても磁気帯びはけっこうなります。 ノモスではなくても、耐磁性能がしっかりある時計って現時点ではさほどありません。 ノートパソコンのちょうど手首が来る辺りに強い磁石が入っていたりするので、どうしようもない事もあります。 磁石があるとわかれば5センチ離せば影響はほとんど無くなるとは言われますが、上記の理由から磁気帯びは避けられない事もあるので私は方位磁針と安価な消磁気を購入して違和感を感じた時に確認・消去しています。(合計¥4000ほど)

1人がナイス!しています

0

イヤホンも大敵なので注意してください。 カバンに一緒に入れがちなので。

0

普通の機械式時計レベルの性能は備えていると思います。 磁石等から5cm以上離す事を徹底すれば日常使用で問題はありません。 ノートPCのパームレスト部分にスピーカーを内蔵している物は時計との距離が近くなるので時計を外して使う事をお勧めします。

0

Cal.DUW6101搭載モデルであれば、それなりに耐磁気があるようです。 採用されたカール・ハース製青焼きヒゲゼンマイは、レベル的にニヴァロックス・ニヴァクロンと同等であり、少なくとも劣るものではないでしょう。 Cal.DUW6101は、耐磁気、耐衝撃、精度において、旧キャリバーを刷新するものです。 モデルを選ぶ際には、留意する点の一つだと思います。