日本年金機構と企業年金連合会はどう違いますか?

社会保険 | 年金233閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

私も勉強して見ます。 ありがとうございました。

お礼日時:10/16 20:09

その他の回答(2件)

0

厚生年金基金は、国の厚生年金の一部を代行している機関です。 厚生年金保険料を7対3等の割合で、3の割合の保険料を国(年金機構)にかわり、徴収し管理運用し厚生年金の支払いをするものです。7の保険料を徴収管理し支払うのが年金機構です。そう方を合算し厚生年金100%になるものです。 厚生年金基金が解散すると、代行を国に返上します。返上がみとめられれば、基金分の支払いは、年金機構となります。 しかし、返上対象にならない基金分もあるのです。この基金分を移管されるのが企業年金連合会です。企業年金連合会から支払われるのは、国の厚生年金代行分です。代行分の上乗せがある人もいます。 年金機構+企業年金連合会=厚生年金100%です。

0

日本年金機構は、国民年金などの公的年金を扱う機関です。 企業年金連合会は、民間の企業年金を扱う機関です。