日本とアメリカが戦争をしたことについて 結局の所、何が真実で戦争になったのですか?

ベストアンサー

0

その他の回答(9件)

0

日本が真珠湾攻撃をしたから、アメリカと戦争になったのです。 真珠湾攻撃をしなければ、アメリカが日本を攻撃することはなかったでしょう。

0

これは人によって考え方や解釈が変わるので・・・ 自分の考えなので参考程度に 根本的な問題をたどればアメリカがほかの国の経済に影響を及ぼしすぎたことが原因だと私は解釈しています(この元をたどるとどんどん昔の話になるのでわかりやすい原因の世界恐慌で話します) 世界の経済との結びつきがあまりにも強くなりすぎた結果、アメリカの恐慌は世界に広がります 英仏は植民地と愉快な仲間たちで何とかことを凌ぎましたが、戦争に負けたドイツ(と似た状況のイタリア)、大きな植民地を持たない日本は国家の基盤である経済に不可逆的なダメージを負います。 その結果、 ドイツでは狂った独裁者が権力を握り、日本では軍部の暴走が始まりました。 そして世界大戦へと近づいていきます。 要するに根本的には世界恐慌が原因だと思います。

0

対米開戦はアメリカの対日石油禁輸が直接のきっかけ。南進は石油獲得の為の戦略。日本は石油を得るためアメリカとイギリス、欄印を攻撃した。 アメリカが石油禁輸措置にいたる理由は日本の南部仏印進駐を受けて。日本が南部仏印進駐を行った理由は援蒋ルート遮断の為。 根っこの原因は支那事変の泥沼化。支那事変を打開しようとした戦略が、大東亜戦争。対米戦はオマケ。 支那事変の原因は上海事変による。上海事変は蒋介石の侵略戦争。 日本は初めは支那事変を防衛戦争で始めたものの、深入りしすぎて犠牲者が増え泥沼化する。 軍部はここで白紙和平すれば、責任問題化するため引くに引けず、援蒋ルート遮断、蒋介石を援助する連合国と戦争を希望する。大東亜戦争は支那事変を解決するために起こした侵略戦争。 国家が滅びても支那事変を軍部の面子がたつ形で解決する、手段と目的の履き違え、狭量なセクショナリズム、日本人の悪い所が出た。 アメリカの陰謀とかは考慮に値しない。だとしてもあまりに影響が小さいから。 日本は支那事変の解決に対米戦争も辞さない覚悟でいた。ナチスとの同盟、日ソ不可侵条約も対米開戦の為。 長年に渡り対米戦争に向け計画的に行動した。41年春の和平交渉時からすでに真珠湾攻撃を計画し、交渉打ちきり前に機動部隊を出撃させ先制攻撃した。ハルノートの内容が日本に届いた時、首脳部は小躍りして喜んだ。これでスムーズに開戦できると。 満州事変までなら問題ない。アメリカはその時点では満州における鉄道の共同経営を打診していたし、蒋介石の嘆願は無視し続けた。 全ては支那事変が起点。

0

まず、アジア・アフリカは侵略されていました。 侵略されずに残ってたのは、英仏に領土を削られながら緩衝地帯として残ったタイ、清・露を破って列強の1角になった日本の2国だけでした。 ロシアを破って、ロシアから得た南満州利権(ロシアが満州を押さえていたわけです)、これが太平洋戦争突入の元です。 アメリカと日本は以下の協定を結んでました。 ・日本は、アメリカの植民地となっていたフィリピンに対して野心のないことを表明する。 ・極東の平和は、日本、アメリカ、イギリス3国による事実上の同盟によって守られるべきである。 ・アメリカは、日本の朝鮮における指導的地位を認める。 中華民国の進出に出遅れたのがアメリカ。 関東軍の暴走で日中戦争が始まると、米英が中華民国の支援に回ります。 日本は支援ルートを止めようと、フランスに了承させて、フランス領インドシナ北部に進駐→鉄関連の制裁始まる 資源を東インドに求め、その支配国オランダと交渉するが決裂。 再度フランスに了承させて、フランス領インドシナ南部に進駐→石油が止まる。 中戦争が始まったので、これ幸いと中華民国を支援して日本を追い出そうとしたのだと思います。

石油が止まって、アメリカに一撃を食らわします。 当時の日本の鉄鋼生産量はアメリカの1/7。単純計算でアメリカの軍艦を7隻沈めても、日本の軍艦が1隻沈んだらイーブン。アジアを支配しているイギリス、オランダなどを蹴散らして資源を得ればOKと考えていたのでは。 中盤戦までは支配域を広げてうまくいってましたが、アメリカが強情で講和に応じず、中盤戦から体制を立て直されてボロクソにやられる、と。

0

第2次大戦の最大の原因となったのは、第1次大戦後の経済不況に対処するのに 先進工業国がそれぞれの経済ブロックを造り上げてブロック内で不況に対処 しようとした結果、衝突が起こったものと結論付けられています 即ちイギリスはカナダ・オーストラリアをはじめとしたイギリス連邦での 特恵関税政策、ドイツは東・南ヨーロッパを勢力圏に囲い込むブロック 日本は台湾・朝鮮・満州を中心に中国・東南アジア方面へのブロック、 これが中南米だけでなくアジアに於いてもフィリピンを支配下に置き此処を足場に中国市場に進出を果たしたい米国と競合しました 軍事的衝突はその結果でしかありません