立方体の回路について。 抵抗値は全て等しいです。

画像

物理学 | 工学60閲覧

ベストアンサー

0
画像

ホイートストンブリッジ回路において平衡状態なら、真ん中の所は、等電位だから、 その同電位どうしの間には電流は流れない。 だから短絡しても、開放しても、或いは抵抗などが繋がっていても、回路の電気的特性に影響しない。つまり合成抵抗は変わらない。 って云う性質があります。それと同じです。 今回の場合は、点aどおし、点bどおしは等電位だから、各短絡してもOKなのです。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます!! すごく分かりやすかったです!

お礼日時:9/26 21:54

その他の回答(1件)

0

その通りです。 一辺の抵抗をRΩ、合成抵抗をXΩとすると 2iR+iR+2iR=5iR=6iX X=5/6×RΩ になります。