中学受験の算数について再質問です。回答いただいて一旦理解したつもりで締め切ったのですが、もう一度教えていただけたら幸いです。

補足

Bの回答を転記ミスしていました。 正しくは 答:A.2/3 B.3/2 C.2 D.3

中学受験 | 算数293閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

そうなんです。因数分解が使えないので、選択肢から推察し回答を導き出す方法しかないのでしょうか??どうもスッキリしません。回答いただいてありがとうございます。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

何度も詳しく回答してくださいましたので、ベストアンサーとさせていただきました。因数分解を使わず、推察、代入、さらに効率消去法で時間短縮するコツまで考えてくださりありがとうございました。

お礼日時:9/29 7:13

その他の回答(3件)

0

Bの選択肢は1か3/2あたりではありませんか? RはX時間×2で全仕事を終えられるわけですからX時間では全体の半分の仕事ができるということです。 また、Qは1時間で残りの半分以上の量をできるということなので、X時間は1時間より少ないことが分かります。 選択肢に1未満が1つしかなければそれが答えになるのでしょう。

0

Pが6時間とQが1時間で全体の仕事量の1.5倍をこなせると思うのですが、それ以上分かりませんでした。 前回の投稿を見たいのですが構いませんか?

この返信は削除されました

0

多分正攻法ではないと思うので、一応載せとくだけです。この1つをそれぞれPかQかRのどれかについて解き、解いたものを3つの式それぞれに代入すると3つの文字になるので、あとはゴリ押しで解くことができます。

画像

同じく答えの選択肢から推察して回答を導き出す方法しか思いつかないのですが、中学受験だと因数分解が使えないので仕方ないのかもしれないです。お答えいただいてありがとうございました。