新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。

新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。
新型コロナウイルスワクチン接種の情報についてはYahoo!くらしでご確認いただけます。
※非常時のため、全ての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

コロナワクチンは最初は二回でコロナにならず効果的だと言われてましたが、 今は三回目の確定。 さらに海外では三回でも効果がなく四回目(日本もそうなるでしょう。)。

ベストアンサー

4

4人がナイス!しています

その他の回答(7件)

0

そのとおりです。 急いで仕上げたから仕方ないって感じなんじゃないでしょうか。 冗談じゃないです…。4回でも済まないと思います。

0

当初から感染予防効果と効果持続期間は充分に明らかにはなっていません、と謳ってましたよ。でも発症予防効果が確認できたので、世界中で死者が出ている状況においては接種を勧める方が有益性が高いと判断されたのだと理解しています。 のらりくらりやってたら今ごろもっと深刻な状態になってた可能性を想像できないと、そんなふうに思っても仕方ないですよね。

1

3回目の意味をはき違えています 2回打つ事で抗体は永遠に期待できコロナに対応できると勘違いしていませんか? どんなワクチンだろうが基本的に抗体量は時期がくれば落ち、また感染するリスクがある。 インフルエンザなどは基本的に季節性ですから時期が来れ感染は抑えられ3度・4度と打つ必要はない。 冬の流行する時期に合わせてインフルエンザは打ち始める コロナは季節性ではない 2度打つ事で抗体量は期待で予防効果は期待できるが、抗体量が永遠に保持し続けるわけではない 時期が来れば落ちてくるので、先行して打った医療従事者や高齢者の接種を検討しだしているに過ぎない インフルエンザも万年流行する恐れがあったら、3度4度と打つ可能性があったに過ぎない 質問者はワクチンに過度な期待をしているに過ぎない

1人がナイス!しています

0

もともと重症化を抑えるワクチンでだし、「コロナにならない」というのは、そもそも誤った情報ですね。 インフルエンザワクチンのように毎年打つようなものになるんじゃないでしょうか?

1

効果は一回接種でもあります。二回接種すれば95%の人は効果があります。 抗体はやがて消えます 抗体の記憶は生涯残りますから 効果が無くなることは有りませんが 三回目を打ったほうがより安全だと言うだけの話です。 効果が無いから打つ・・・・そんな話は聞いたことが有りませんし科学的ではありません。

1人がナイス!しています