スクーターがメットインになる前はカブが実用バイクの代名詞でした。しかし、燃費、積載性、乗りやすさともにスクーターの方が遥かに実用的になりましたよね?

バイク78閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(4件)

0

郵便局や新聞配達がスクーターを使わない(最近一部採用が出てきましたが)ことから分かるように ある程度以上の走行や積載を考えるとカブなどのほうが実用的でしょう。 何を持って実用的というかだと思います。普通の人がアシとして使うならメットインは便利ですが、仕事の荷物を運ぶならメットインでは足りませんし、ある程度以上の速度ではスクーターの燃費はチェーンドライブのバイクに劣ります しかし操作が楽というのも大きなメリットではあるので、結局どういう人がどう使うのかの想定次第と思います

1

カブは17インチタイヤの走破性というメリットがありますので実用バイクとしての需要はまだまだあると思います。 悪路や雪道はスクーターの10インチ前後のタイヤでは走れたものでは無いですが、カブの17インチならば走れます。 17インチならばタイヤチェーンやスパイクタイヤが入手しやすいですしね。 そんな訳でカブは実用バイクとしての重要性はまだまだ高いと思います。

1人がナイス!しています

0

確かにそうですね。まだ燃費が良い壊れにくい ため社用車が多いですね。カブ愛好家はたくさんいます 2030年発売終了です。悲しいですね。(T_T)