断捨離が成功した方にお聞きしたいのですが。 捨てるにはもったいないような物(新しい物だったり、もう手に入らない物だったり)だけど、売るには値段がつかない物は、ゴミとして捨てましたか?

2人が共感しています

ベストアンサー

3

3人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

詳しくありがとうございます! 私もそのようにやってみようと思います! たくさんの方に回答いただき、ありがとうございました。 お一人お一人に返信できず申し訳ありません。 断捨離イコール捨てるではない、というお話は響きました。 心の問題ですね。 皆さま、ありがとうございました!

お礼日時:10/20 5:37

その他の回答(12件)

2

参考になるかわかりませんが、私はジモティーで、欲しい方へお譲りしました。使わないで取っておくより使って下さる方に、と思いました。決断したら、迷わなかったです。あとは、リサイクルショップとかへ持ち込んだりもします。1年着ない服はリサイクルショップか、メルカリとか。とにかく手元に置かない用心がけてるところです。

2人がナイス!しています

0

いるならいる、いらないなら捨てる! どうしても迷うけどいならいものであるなら、写真をとってから捨てる

0

物は思い切って捨てないとどんどん悪い気が溜まります。成功するには、よく使われてるのが、その物にときめくかだそうですよ!やってみてください!

0

使わなかったら捨てるという人が多いのですが、それは価値のないモノに執着すると捨てられない、だから思い切って手放すことで執着を断ち切ろうという考えであって、一年使わないならば捨てなければならないというような期間限定の考えではありません。 モノを捨てると多少なりとも良心の呵責を覚える、その心の痛みを伴うからこそ、次にモノを選ぶときは慎重になる、手に入れたモノを大切に扱うようになると説明していますが、プレゼンテーションするときは捨てることをクローズアップするので、断捨離=捨てるというのが一般常識になりつつあるようですね。 ですが使ってなくても愛着のあるモノなら眺めたりホコリがつかぬように掃除をしたり手間を掛けますよね。そういう気持ちがなくなり年に一度も眺めずホコリを被っているモノに執着しなくてもいいんですよというのが広義としての意味です。 例えば質問者さんの >捨てるにはもったいないような物(新しい物だったり、もう手に入らない物だったり)だけど、売るには値段がつかない というモノに愛着を持ち、たまには手に取って眺めて自然と微笑んでしまったり心がほっこりしたり、汚れないようにケアをしているなら何年だって手元に置くのはアリなのです。

0

参考までに。 私も物が捨てられないタイプでしたが、 引っ越しを気にミニマリストになりたいと思い、断捨離癖をつけました。 服が多くて捨てられないのが一番の問題点でしたが、 1年経っても着てないものは、捨てるようにしてます。 物も同じです。 物に関しては、置いてはいるけど数ヶ月使ってないなら、今後も使うことはきっと無いです。 なので、置いていても無駄なだけという思考で捨てます!