年金は名前を変えた所得税で積立を保証するものでない? > さて1千万も2千万も払った厚生年金は その時代の納税者が半分なら半分に化ける覚悟で

年金 | 政治、社会問題37閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

厚生年金だってその時代の納税者が半分なら半分に化ける覚悟で 年金は名前を変えた所得税で積立を保証するものでない「掛捨て」 毎月差し引かれる年金額+会社負担額=ビックリ額だ 厚生年金合計額は何千万円 送られてくるハガキに書いてあるよ

お礼日時:10/17 9:13

その他の回答(1件)

0

ID非公開

2021/10/8 15:27

うんにゃ。 年金は納付した保険料に比例して将来の支給がされるけど、所得税はより多く納める=所得が多いほど「何とか手当て」みたいな支援がカットされるペナルティがあり、逆進的になる。

>所得税はより多く納める< 年金の魔法はよく見えないが 「自分の支払い+会社の支払い」=すごい税金を取られている 年金は所得税の性格を持つから高額所得者ほど年金の戻りは極端に少ない そんな年齢に近づくと厚生年金で何千万も取られた事に気が付く 高額所得者にとってはたちの悪い所得税だ