クルマのパンク修理について。外面から修理した修理跡から空気漏れが発生。

車検、メンテナンス72閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

その他の回答(3件)

0

パンク穴の至近距離に間違って穴をあけ、ゴム紐を押し込んだのであれば、最初の穴に再度ゴム紐を通せばいいのかもしれないが、スマートでは無いですね。内側からパッチを当てれば、確実です。なぜ疑問なのか不思議です。

0

言葉としては正しいけど、修理を引き受けてくれるタイヤショップの判断に寄ります 外面修理の部分を取り去って内面修理、内張りすることになりますが、ラジアルワイヤーが広範囲で切れていたら修理不可能です。 エア漏れは止まってもトレッド面が変形するかもしれません。 なので、引き受けてくれるタイヤショップは少ないかも。

0

=:外面修理した箇所は再度外面修理はできない。 ・・・しかし内面修理(裏張り)は可能。←これは正しいですか?:= まぁ~正しいと言えば正しいが‥ ・・・・・・・・それをしてくれるかどうかは業者による。 それこそ・出来たとしても、保証はない。 タイヤの脱着・組み込み作業も、別途かかるので・・ 新品タイヤに交換しても、ちょっと高いぐらいで・・大差は、ない。