回答受付が終了しました

ID非公開

2021/10/10 20:50

44回答

「青天を衝け」廃藩置県ってなんですか?

回答(4件)

0

旧政治機構である幕藩体制の近代化を進めた、それが明治維新の王政復古であった次第。で順序として、トップで君臨してた旧徳川幕府を解体、次に各地の諸大名(藩主=殿様)の封建制度の仕組み解体を行い、所領を没収。士族(つまり武士)の世を葬った。それが廃藩置県、藩名(例、薩摩藩→鹿児島県)に代わって県名にし、当初は、名誉職で徳川氏(元将軍)、各地の殿様などを爵位を与えて象徴的存在にしたが、その地位も民主主義(近代化)の流れにて、華族貴族など階級・爵位も消えてゆくのであった。

0

サクッと 大名と言う地方の大地主たちの藩と言う私有地を版籍奉還させ国有地にし、 民間に大名達を内務省(現:自治省)の国家公務員にして知藩事(知県事)として知藩事および藩士の給料を国から支払うようにした。 地方分権から中央集権にしたと言う事です。 (現在の都道府県及び区市町村など地方自治体は国から独立している形) 藩とは300弱いた1万石以上の大名の私有地で大名や藩士達は藩ごとの測量により税(主に米)を取り生活をしていた。ですからドラマで描かれていたように田んぼを計る検地の計りを全国統一にする必要があった。 徳川幕府自体は約600万石の私有地があり現地に代官(旗本)を送り租税や行政を行わせいた。 ただ、江戸城等の幕府の城の改修工事や五街道の整備など大規模事業には各藩から資金や人員を出さた。その他、島原の乱や第一長州征伐、藩取り潰しなどの兵役。 廃藩置県は300弱の藩を廃止してそのまま国直轄の県とし、その後に県は統廃合された。2年前の版籍奉還によって知藩事とされていた大名には藩収入の一割が約束されて東京居住が強制された。知藩事および藩士への俸給は国が直接支払い義務を負い、のちに秩禄処分により削減・廃止された。また、藩の債務は国が引き継いだ。

3

廃藩置県ってなんですか? ➡良い質問ですね。 全国に261の藩が有り、それぞれに藩主が居て、 独立国の状態だった。 それを、中央集権化する為に、藩を廃止して、府と県を置く事です。 つまり、藩主から土地(版)人民(籍)を朝廷に返還させた次に、 各藩主の自治権も、消滅させる為の、処置です。

3人がナイス!しています

1

日本は江戸時代「藩」という「60以上の小国」に分かれ、 それぞれで政治を行っていましたが、 これを廃止して、新たに現在の「県」を置き、 有事には「国で総合的に統括する」ようになりました(^^)

1人がナイス!しています