回答受付が終了しました

本日、一級建築士の製図試験を受けました。

資格1,829閲覧

回答(4件)

0

試験お疲れ様でした。 今までにない問題なので建物に接触していなければ 小減点かと思います。 私はゴミ保管庫の当初の計画位置が12㎡程度しか 取れず保留にして次に進み結果見直す時間もなく 書いていません。 それを落としている人は多数いると思いますし 自分も落としていました。

0

斜線制限の図示は、今回の製図試験で新たに登場した条件ですね。 数年前にも延焼の恐れのある位置を図示する条件が追加されたことがありました。図示忘れや記入漏れは減点にはなると思いますが、新たに登場したこのような条件を見落とした受験生は少なくないと思います。 よって、きちんと斜線制限に抵触していない建物を計画していれば、一発アウトにはならず、減点程度で収まると思います。 製図試験は減点法です。記述が50点+製図50点=100点評価で70点以上が合格です。図示忘れや記入漏れは減点されますが、合格ラインを下回るような減点がなければ合格できます。 受験生の皆さんは、製図の善し悪しを気にしますが、記述の配点は半分もあります。課題条件と記述、製図がきちんと整合性があるかどうかが、一番重要なことになります。 斜線制限の図示程度では、当落はそれほど影響はないと思います。減点されても-5点程度です。 試験お疲れ様でした!

製図試験の合格率は、35~40%です。かなりの受験生が合格できますので、細かなケアレスミスは誰でもあります。 今回の大きな判断材料は以下が重要ポイントだと思います。 ①カフェ・学習塾・マンションの正面玄関の3つのメイン玄関が、東側の8m道路側に計画されているか。 ②西側の4m道路からの駐車場に車路を計画されているか。 ③屋上庭園を南向きに計画し共用室と隣接させて一体利用ができる計画か。 ④住戸内の在宅勤務を考慮したスペースを個室ではなくコーナースペースとして確保されているか。 ⑤斜線制限に抵触していないか。 ⑥地盤改良を想定した基礎計画にしているか。 以上が重要ポイントだと思います。

0

試験お疲れ様でした。 質問者様と同じような失敗が多かった課題が 3年前のプールの課題です。 その年、初めて延焼ライン及び防火・特定設備の記載が出されました。 書き忘れ・間違いなどありましたが、 プランの地雷を踏まなかった受験生は合格しています。 他の地雷を踏んでないことを祈りましょう。

0

>減点高いですかね!? そう高くないですね。 >相対評価だと思いますが、皆さん書いていますかね!? 普通の設計をしたことがある人なら申請図に斜線書くのは普通なんで、書くのが普通だと思ってしまいますがね。 >ちなみに道路斜線には抵触していないと思われます。 その他にもボロボロと不十分なことが出てきそうです…。。 抵触してないなら減点も小だろうから気にする必要ないかと。他があるなら知りませんが。

ご丁寧にご回答をいただきありがとうございました。 多少のケアリスミスということでとらえられそうですかね。やはり、法的にクリアしてプランニングがまとまっているかという点と、要望図書を満たしているかでしょうか。 予備校に通ってましたが、正直あまり自信がないです。 何かアドバイスなどあればぜひ、お願いします。