マイナンバーカードが健康保険証として使えるようになると某新聞記事で明らかにされていますが、何故マイナンバーカードが健康保険証として使えるようになるのでしょうか?

1人が共感しています

ベストアンサー

0

個人情報を 今後 国が管理するため一体化 デジタル庁とは 国民の便利差より 一元管理 銀行 健康保険 年金 マイナンバー 市役所 保険 NHK受信契約 光ケーブル 携帯電話契約 会社 社員 学校 学生 ネット通販での個人情報 などなど 例 郵便局 配達するために 郵政グループは、郵便物の配達時の状況から リアルタイムの居住者情報や 自動車の保有状況、 商店の開店・閉店情報 などを把握している *いつ不在か 何人家族か など

その他の回答(3件)

1

マイナンバーカードで全ての国民の全ての情報を 一元管理させるからです。 しかし、管理する側の行政の態勢が既得権益の 取り合いで縦割りの弊害を解消できずにいるので、 国民にとっての「便利な世の中」には程遠い。 カードにまつわる国の嘘はETCにしても数多い。 その度に誰かが儲けるだけの仕組みで終わっています。

1人がナイス!しています

1

国や自治体が保険証と紐付けするからです。 将来的には免許証から預金まで全部紐付けして国民を管理したいって野望もあるんだと思います。 会社とかにもマイナンバー申請させているので収入も管理して脱税できないようにしたいんでしょうし。 健康保険としては今月の20日から運用だったと思う。

1人がナイス!しています

1

情報が健康保険証と紐付けられるようになるからです 保険証を読み込むリーダーが医療機関に設置されないとならないので、もう少し時間がかかると思います ただ国策なので早いと思います

1人がナイス!しています