徳川家康は東照大権現、すなわち神となりましたが、この『神』とはどのくらいのものなのでしょうか?

日本史 | 宗教141閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

徳川版の皇祖神みたいなものですかね… ありがとうございます。

お礼日時:10/16 17:19

その他の回答(6件)

0

昔は神社には朝廷から位付けをされました。神社に序列を付けたということです。 東照宮は、別格官幣社で、国家が支援した官幣社の中では一番格付けが低いです。 また神社には、官位を受けたものがありますが、天皇は官位を超越した存在なので、伊勢神宮を除いて、あらゆる神社は、天皇の下位の神格です。

0

日本では神様はたくさんいますので、別に絶体神となっなわけではありません 家康自身も「死後は日光山に小さな堂を作って祀れ。そうすれば関八州の鎮守となろう。」と遺言しています あくまで、仏式か神式かの違いです 少し前には豊臣秀吉も「豊国大明神」となっています そもそも、「東照大権現」の神号も朝廷から授けられたものですし 神道では本来神同士で序列があるわけではないのですが、やはり皇祖神である天照や、源氏の氏神とされた八幡神は格が高いのでしょう 日本では奈良時代末くらいから、非業の死や恨みを残して死んだ者の怨霊を鎮める為に、神として祀ることが多くのありました 秀吉や家康はそうではありませんが、どちらにしても数多くいる神の一柱となったに過ぎません 神であれば、例え天皇でも社前では礼拝するのは当然です 現在はなされてませんが、かつて天皇陛下が靖国神社に参拝していた時代は、一兵卒 の霊にも対しても礼拝していたのです ただし、その一族が政権を司っているので、結果として特別に扱われたということです

0

一応、生きている人との間にはラインあるんですよね。 神さまにもランクみたいなものあると思うんですが、すべて人間が考え出したランクなので実在するかは分かりませんが、仮にそのランクに沿って考えるなら、東証大権現はわりと人間に近い位置の神様だと思います。なぜなら、人間の時に何をしたか何を作ったかほとんどハッキリしているからです。 天照さまは、業績がほとんどファンタジーですよね。ですのでいくらでも「最高」みたいな位置に付けられます。実在したかどうかも確認できないので…。 家康公は人間に近いと書きましたが、現在の東京の繁栄や災害の少なさなどを考えると、ものすごい先見の明があったと思います。あの時代に戦死じゃないですし。ですので人間に近い存在の神様と書きましたが、実際はすごく力のある神さまとつながって最高ランクの存在からの指令を受けることができるんだと思います。神さまランクに縦のラインがあると思います。

1

大権現は神道からみたら、外野というか、観客席程度でしょう。 そもそも仏教側が勝手に考案し、押し付けたものです。 そのため明治になって陛下の命令により権現や明神という名称は、基本的に 消滅に至ったわけです。 なので大権現は、神の位としては、部類外というか、問題外という事になるでしょう。

画像

1人がナイス!しています

0

「大権現」は、神仏習合の思想によりできた言葉です。 神仏習合の思想では、仏教が主、神道が従であり、豊臣秀吉の「豊国大明神」という神号よりは上位であると判断されたものです。 (豊臣家が滅んだこともあって、結果的に「明神」号は不吉である、ということもありました。) ただ、天皇が先祖として祀る「天照大神」より「大権現」のほうが上位であるとするのも問題ありとし、一歩引いて、東を照らす権現として「東照大権現」としたのではないでしょうか。 従って、天照大御神>東照大権現>普通の神様 ということだと思います。