特定理由離職者について質問です。 前職、適応障害にて休職を経て退職しました。その後調子を崩し心療内科に通いながら二年ほど無職をしていました。

退職346閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

特定理由離職者は離職の日以前1年間に6ヶ月以上の被保険者期間があれば受給資格あります 就労可否証明書を提出すれば就労可能と判断され失業手当が支給開始になります。 以前は適応障害で、ハローワークにて申請し会社都合に変更し受給しました。

その他の回答(1件)

0

> 特定理由離職者として辞めないといけない 特定理由離職者になるかどうかを判断するのは、ハロワ側です。 別に失業給付のために辞める理由を取ってつける必要は無いですよね? なので、、、 ①問題ないです。ハロワ手続き時に異議申し立てをし、その際にハロワがどう判断するか ︎なのでね。 ②就労不可なら失業給付は貰えません。ハロワでは、病状証明書は不要かと。辞める時に欲しいと言うだけですよね? だったら、就労不可と書かれるでしょうけど。 ハロワでは、①の異議申し立てをした際に病院で就労可否証明書を書いてもらうよう指示が入りますから、その際にどう書いてあるか ︎ですね。 あなたの障害の程度がどんな状態なのかは、医者が判断することですから、いくらあなたが『他の会社なら働ける!』と言ったって、就労可能かどうかは怪しいってもんです。 前回も適応障害での退職だったのなら、尚更に。就労は時期早々だったと言う可能性もありますよね? そうなると、ハロワでは、手続き延期の申請と言う流れになり、働けるようになってからの失業給付受給手続きになると思います。 手続き延期の申請をしなかった場合は、離職票の有効期限が1年で切れてしまうので、就労可能時に貰えなくなっている可能性もあるので、どのみちハロワには出向いて話をする必要があるでしょうね。

丁寧な回答ありがとうございます。 以前はパワハラで退職しました。その際のハローワークなどの手続きは体調悪く記憶も曖昧だったので、多少間違っている事もあるかもです。 今回は過酷な仕事と能力史上主義の仕事場の為、能力の低い人は排除される傾向にあり、病み上がりの自分も継続するのが難しく、かと言って生活防衛のために失業手当が必要とい流れでした。以前に傷病手当(適応障害)で受給しており、同じ病状では支給されないと聞いた事がありましたので、今の仕事を辞めた後に働く姿勢を見せないと生活が成り立たなく失業保険受給したいという気持ちでした。