ID非公開

2021/10/13 0:38

88回答

中森明菜と八代亜紀 どっちのオーディション番組のほうが 難易度が高いんやろか?

画像
補足

全員、間違っています。 八代亜紀が、出ていた「全日本歌謡選手権」は、100点満点の内、70点以上合格で、10週勝ち抜かなければなりません。合格したのは、10人足らずで、スターに、成れたのは、中条きよしら、数人です。審査員も、平尾昌晃、淡谷のり子ら、スター誕生より、厳しい人達が、揃っています。 石野真子も挑戦しましたが、3週目で落ちています。石野真子は、スター誕生に切り替え、楽々、決戦大会へ進み、11社から、スカウトされ、簡単にスターに成りました。 スター誕生の方が、ずっと容易いです。スター誕生で、芸能人に成れたのは、50人は、いるでしょう。 そのうち、売れたのは、10名ちょっとですが。 中森明菜が、7回目(4回は予選落ち)にして、受かると言うのは、誰でも受かる番組ですね。 最後は、審査委員長の中村泰士による低得点を付けた各審査員達(阿久 悠、都倉俊一、松田トシ等)への説得工作が有りましたし。 史上最高得点では、有りません。あれは、中村泰士による人為的点数操作、工作です。

3人が共感しています

ベストアンサー

2

ID非公開

2021/10/16 17:55

画像

2人がナイス!しています

この返信は削除されました

ThanksImg質問者からのお礼コメント

回答有難う御座います。 全日本選手権の方が、難しいです。 中森ファンが、見苦しく、山口百恵の事を言っていますが、私は、関係ありません。

お礼日時:10/16 18:11

その他の回答(7件)

4

それぞれのオーディション番組で見る観点が異なりますので、一概には言えませんが、よりスターへの道のりが難しかったのは、質問者さんが大好きな岩崎宏美さんも出場し、中森明菜さんも出場した「スター誕生!」の方です。理由は以下です。 中森明菜さんの出場した日本テレビ製作の「スター誕生!」は延べ200万人を超える応募者があったほどの日本を代表する全国規模のオーディション番組でした。質問者が補足に書いているように、そのうちスターになって売れたのは10名ちょっとです。 一方、八代亜紀さんの出場した読売テレビ製作の「全日本歌謡選手権」はそこまでメジャーなオーディション番組ではありませんでした。応募者数も「スター誕生!」とは全く比較になりません。ただし、その中でもスターになった八代亜紀さんは素晴らしいと思います。 ところで、以下も質問者さんの投稿した質問ですよね。 山口百恵は,スター誕生のオーディションで落とされ、番組にも出られませんでした… https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13234427828?fr=ios_other 中森明菜さんの加工画像を貼ったり(この質問)、山口百恵さんの加工画像を貼ったり(上記質問の回答者への返信)、忙しそうですね。 山口百恵さんも中森明菜さんも岩崎宏美さんと同じオーディション番組の「スター誕生!」出身ですが、2人に何か恨みでもあるのですか?

画像

4人がナイス!しています