新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。

新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。
新型コロナウイルスワクチン接種の情報についてはYahoo!くらしでご確認いただけます。
※非常時のため、全ての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

ID非公開

2021/10/13 10:49

99回答

ペットの死の受け止めかたについて、家族との違いに悩んでおります。

ネコ | 家族関係の悩み475閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

回答ありがとうございました。 いま無理に母に合わせても、今度は自分の感情がめちゃくちゃになってしまいそうですし、もう少し時間が経って互いに落ち着たらでいいのかなと思えました。 家族に対してキレてもいいことは無さそうなので、母のことは一度ほうっておいて一人でカラオケにでも行って爆発してこようと思います…!

お礼日時:10/20 11:28

その他の回答(8件)

0

ペットロスという言葉があるくらい、可愛がっていたペットとの別れはとても辛いものです。 昨年春に、まだ9歳だった愛猫が突然旅立ちました。 遺骨は一年間家に置いておき 今年の春、ようやく手元から離し庭に埋めました。 今でも愛猫の写真を見たり動画を見ながら泣きますよ。 声を出して泣くことで悲しみが少しでも癒されます。 私の場合は、ひたすら愛猫の似顔絵を描きまくりました。 時間の経過とともに悲しみも少しずつ薄らいでいきます。 猫ちゃんの思い出話をしながら泣いたり笑ったりしてください。 そうして少しずつ少しずつ 先に進めたらいいですね。

画像
0

私の家族も何代も犬を飼っていて、それだけたくさんの悲しみを経験しています。 我が家の乗り越え方は、その子たちの絵や写真をそこら中に飾ると言うことです。 ひとつだけ飾ってはそこに集中が入ってしまい、悲しい気分になりますが、そこら中に飾ってあると、正直慣れます。 話の流れでその子たちが出てきたら「あぁ、この子はこんなところが可愛かったねぇ、あの子はこんなところが」と言うふうに広がっていきます。今でもドジだったり、ちょっとバカだった子の話をしては笑ってしまいます。 悲しむより、楽しかったねぇって笑ってあげる方が、猫ちゃんにも主さんにもいいような気がします

0

私もあなたと同じです。悲しいのは当然ですが、口に出して言うのは嫌です。 妻も老衰で亡くなった猫の写真を冷蔵庫に貼って話しかけたりしてますけど、うっとおしいです。遠い世界へ旅立った。もう二度と会えないのだ、忘れようと言ったりするんですけどねえ。感傷的な人は正直苦手。

0

避けるよりも、猫ちゃんの思い出話をして悲しみを共有した方がお母様の気持ちが少し落ち着くと思いますよ。 それと、家族の誰かが落ち込めば、誰かがしっかりしようと頑張るものです。 悲しくも淡々と生活できるのは貴方にとっていいことです。 しかし、そこを敢えて、お母様の前で悲しみを表に出してみては? お母様が貴方を励ますことで、お母様の精神が鍛錬されていくと思います。 今春、我が家も愛犬を亡くしました。 皆、何日か泣き崩れましたよ。 それ以降は、誰もいない部屋でそれぞれが泣いてる様子が伺えました。 悲しい姿を見なくても悲しい気持ちは一緒でした。 毎日毎日、泣き崩れるほど悲しいのに家族はシレッとしていたら? 亡くなったペットが可哀想…と思い、貴方どうなの?という意味を込めて、お母様のような発言をするかもしれません。 お母様は、貴方に猫ちゃんのことを忘れて欲しくないのでは? だから、猫ちゃんを話題にして涙するのかなと思います。 貴方が悲しんでいたら、わざわざ追い討ちかけるように泣きじゃくったりしないと思います。 毅然とすると思います。 猫ちゃんの思い出と一緒に生きていく生活を送れたらいいかな?と思います。 我々家族は、愛犬との生活を継続してます。 おはようからおやすみまで、 お花にご飯にお水におやつ…与えながら話しかけてます。 魂や生まれ変わりは信じてません。 愛犬は、無になったと思います。 おままごとしながらでも愛犬との思い出や一緒に生活してる感覚を忘れるつもりはありません。 勝手ながらも大事にしたいのです。 お母様もそのような感じだと思います。 猫ちゃんの思い出と一緒に寄り添ってあげたら安心されると思います。

0

おそらく突然のことだったため、お母様の中でも整理がついておらず、つい口に出してしまうのだと思います。 一度しっかりと亡くなったことに向き合う時間を取られてはいかがでしょうか。 お寺で供養してもらったり、家族でお別れの会を設けたり。 亡くなった子を忘れたいわけではなく、家族が元気に過ごすために区切りをつけたいと話せば納得してくれると思います。