回答(6件)

2

立派な読書ですが、それが認められない場はあると思います。 例えば仕事の面接で「読書はされますか」と聞かれたら、それは本全般を読むかという意味ではありません。そこを通して仕事に必要な学習は可能か、ということを聞いているはずです。(もっとも昨今では読書の内容を聞いてくる会社はほとんどありませんが) なのでTPOかなーと。 他のジャンルと比べてライトノベルを馬鹿にしてくる輩についてであれば、全く気にしなくていいと思います。本の内容に貴賤はありません。教科書でも自己啓発本でも純文学でも、どこにでも面白い本と面白くない本があるだけです。そして面白さは個人の価値観によって決まります。

2人がナイス!しています

0

まず、ライトノベルの定義はありません。 つまり、ライトノベルも、“小説”には変わりないので「読書」と言っても大丈夫です。 そもそもライトノベル自体和製英語なので、恐らく英語圏では、転生したらスライムだった件も灼眼のシャナもとある魔術の禁書目録も、ハリー・ポッターや指輪物語と同じ、「novel(小説)」で括られていると思います

2

ライトノベルも読むしふつーのも読むしということなら趣味はときかれて「読書です」は有りですが ライトノベルしか読まないのに趣味ときかれて「読書です」は語弊もあるし誤解も生まれるのではないでしょうか。読書には違いないですけど、いわゆる「趣味読書」とは違う感じがします。

2人がナイス!しています

1

読書には違いないけど。 「立派な読書」ってなんですかね?。 一時の娯楽だけと、将来の人生に有用な読書とがあるけど。これは、本の種類ではなくて、その人の受け止め方の問題。

1人がナイス!しています

0

もちろんです。ライトノベルは「若者向けの小説」と言われますからね。