税金に詳しい方、教えて下さい。至急お願い致します。

補足

補足です:個人資産(不動産)を会社に時価の2分の1未満で売却した場合 ②法人税の支払い後、短期譲渡所得税を払わなければなりませんか? ★個人資産(不動産)を売却後、会社側に時価の2分の1未満で売却した場合、会社側は関連する法人税を支払い、個人は短期譲渡所得税を支払う必要があるかどうか、の意味です。 ③代表取締役社長は、会社に一時的に資金を贈与することは可能でしょうか? 一時的には省いて下さい。「寄附・贈与」することは可能でしょうか? その際の税金等はどのようになりますか? ④あるいは、資金を長期にわたり無償で貸し付けることは可能でしょうか? ⑤寄附金・受贈益、損金不算入・益金不算入、法人税の取扱い等に関しても、詳細ご教授いただけましたらよろしくお願い致します。 ★③④⑤は、上記の本来の質問の件に関してのみ、で結構です。 ★どのようにすれば、ベストな方法になるのか不明なため、お手数ですがご教授よろしくお願い致します。

会計、経理、財務 | 税金74閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

1人が共感しています

ベストアンサー

0

>★個人資産(不動産)を売却後、会社側に時価の2分の1未満で売却した場合、会社側は関連する法人税を支払い、個人は短期譲渡所得税を支払う必要があるかどうか、の意味です。 申し訳ないが意味不明。正直誰が誰に不動産を譲渡しているのかわからん。 >「寄附・贈与」することは可能でしょうか? >その際の税金等はどのようになりますか? 現金の贈与(寄付は民法上贈与)を法人にした場合、 (借方)現金、○○○/(貸方)受贈益、○○○ 受贈益は益金だから黒字なら法人税等がかかる。 贈与した側は現金なら譲渡所得に起因となる財産ではないので税金はかからない。 現金以外の譲渡所得の起因となる財産の譲渡であれば、譲渡所得に対して所得税や住民税が課税される。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

2回にわたり詳細説明をしていただき、どうもありがとうございました。 大変助かりました。同時に勉強させていただきました。感謝しています。 また何かありましたらよろしくお願い致します。

お礼日時:10/17 9:45