19世紀はまだスーツは一般化していませんでしたか?

ベストアンサー

0

その他の回答(1件)

1

ID非公開

2021/10/17 4:48

直接的には背広は、19世紀中頃に当時の日常着であったフロックコートを改良したものとされる。膝丈のフロックコートを短く腰丈にしくつろげるようにゆったりとした作りの、ラウンジジャケットやサックコートと呼ばれる上着である。これは自宅の広間などだけでなく、スポーツなどレジャーにも用いられた。また19世紀後半になると共生地でズボンやベストも作られ、ラウンジスーツ、サックスーツなどと呼ばれ普及した。なので19世紀後半には一般化していたのでしょう。同時期にもアメリカ合衆国ではビジネスにも用いられるようになりヨーロッパにも波及し、20世紀までには世界的に普及した。

1人がナイス!しています