税務に詳しい方に質問です。 インボイス制度が始まりますが、 仲介手数料のみを受け取り、営業している不動産会社(免税業者)には何か影響はありますか。 主な取引相手は一般個人と業者(課税業者)です。

税金 | 会計、経理、財務142閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

その他の回答(2件)

0

収入先が一般個人の場合は影響ありませんが、 課税業者の場合は、相手側は仕入れ税額控除が できません(簡易課税選択なら影響なし)から 影響ありと言えます。 貴方が、課税業者となって、インボイスを発行すれば 問題ありませんが、貴方は消費税の納税が必要に。 インボイスの開始は、令和5年10/1からです。 取引業者との関係や、課税業者となった場合の消費税額 等、検討が必要になるのでは?。

詳細なご回答ありがとうございました。 業者の取り引き先はほぼ100%課税業者なので、必然的に弊社も課税業者を選択しなければならないということですね… 課税業者となった場合、今まで得ていた税金分はストックしておき、来期で納めれば良いという認識でよろしいでしょうか?

0

現在、告示によれば、免税事業者は、課税業者よりもらえる手数料が少なく規定されています。 コレによる限り、もらっている手数料が少ないのだから、払った金額は仕入税額控除ができませんとの説明が成り立ちます。 したがって、影響は軽微だと思います。 ----------------------------------------------- 昭和45年建設省告示第1552号 抜粋 宅地建物取引業者が宅地又は建物の売買等に関して受けることができる報酬の額 (昭和四十五年十月二十三日建設省告示第千五百五十二号) 最終改正令和元年八月三十日国土交通省告示第四百九十三号 第九 消費税第九条第一項本文の規定により消費税を納める義務を免除される宅地建物取引業者が、宅地又は建物の売買、交換又は貸借の代理又は媒介に関し受けることができる報酬の額は、第二から第八までの規定に準じて算出した額に百十分の百を乗じて得た額、当該代理又は媒介における仕入れに係る消費税等相当額及び①ただし書に規定する額を合計した金額以内とする。